もしも渋谷スクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら


sumafo

ドコモの公式チャンネルがyoutubeにあげた動画が話題となっている。動画のタイトルは「全員歩きスマホin渋谷スクランブル交差点-もしも渋谷スクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら?-」だ。

このストレートなタイトルからもう動画の内容が想像できる人も少なくないだろう。1500人がスマホを注視しながら横断するという異常な状態で起こりうる問題をシミュレートしたものである。

まず設定として、人間は時速6キロ、4キロ、3キロの徒歩スピードを用意。対象物を認知した時の行動は「左右によける」、「立ち止まる」、「そのまま進む」の三種類。回避できず衝突した場合に起こりうる出来事は「あやまる」、「スマホを落とす」、「倒れる」の3通りとしている。

いざ検証スタート!すると・・・危ない危ない!1500人が一斉に渡るだけで大変な人混みであるのに、その全員が前を向いていない為、いつ衝突するかハラハラしてしまう。実際に衝突し、倒れたりスマホを落とし立ち止まる人間も続出し、交差点内は人混み渋滞を起こしてしまう。

結果として、衝突446件、転倒103件、スマホ落下21件、そして46秒という青信号点灯時間での横断成功者は全体の約3分の1である547人であった。

つまり車両用信号が青に変わる時点で交差点内にはまだ1000人程が取り残されている大変危険な状態である。

普段深く考えずについつい歩きスマホをしてしまう人は、この動画を見て意識を変え、注意を促してほしい。

By Shacho

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧