34年前の缶の炭酸ドリンクを飲んでみた結果(笑)


saida1

1980年に作られた缶のサイダーを開封して飲んでみる事にしました。森永製菓(サンキスト)の炭酸ドリンクで、細長い250mlの缶です。テイストはグレープフルーツ味。美味しいとか不味いとかより、お腹を壊さないか不安です。

もちろん、お腹を壊しても自己責任。メーカーには責任はありません。34年前の缶ジュースを飲む方がおかしいのです。つまり私がおかしいのです。でもどんな味か体験したいのです。

プルタブを開けると、プシュッという音と共に炭酸が出てきました。34年経ってもしっかり炭酸が入っているんですね。臭いは甘い感じです。飲んでみました。

これは甘いです!とっても甘い。炭酸もしっかり入っていますが、普通の炭酸ドリンクよりも甘さが増している様に感じます。凄く甘い。でも変な味はしません。これは普通に飲めます!

ですが、コップに出してみたところ、液体が原因不明の茶褐色になっていて、さらに正体不明の茶色い塊がたくさん浮いていました……。


saida8
saida7
saida6
↓うまいなあ!甘くて美味しいよ!ごくごく飲め!
saida5
saida4
↓えっ?これ飲んだの俺……
saida2
saida3

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

実験・検証!の新着記事一覧