画家が鉛筆で描いた極小絵がリアルすぎて絵だと思えない!


4

小学生の頃、よく使用してた記憶がある鉛筆。最近ではシャープペンシルが主流となり影が薄くなってしまった鉛筆だが、とある画家が鉛筆を用いて描いた絵が物凄くリアルでクオリティが高いと話題になっている。

イギリスの鉛筆画家ポール・チアップ氏によって手がけられたこれらの絵は全て鉛筆で描かれていることはさておき、なんと物凄く小さい!!

手と比べられた写真を見てみればわかってもらえるかと思うが、横幅はどれも10センチに満たない。こんな小さくリアルに描けるなんて器用にもほどがある!!

きっとこれほどの濃淡を出して表現するにはシャープペンシルより鉛筆の方が適しているのだろう。貴方も何か描くときには鉛筆を活用してリアリティのある絵を目指そう!

By Shacho
記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com/

6 2 3 5 1
Via:http://paulchiappe.com/
記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

エンタメ情報の新着記事一覧