研究者「肥満=レプチンの分泌が多くなっている人は味覚にも鈍感になっている」


y22

「腕利きのシェフにデブっていないよなー」などと、昔から漠然と考えていたんですよ。

フランスとかイタリアの三ツ星シェフって、糖質をガンガン摂ってるはずのパティシエですら超スマート。みなさんスラっとしてましてね。偏見なんだろうか。

そんなことを考えていたら、昨日読んだ本に科学的な解説が! 記述があったのは、日本抗加齢医学会理事の米井先生が書いた「アンチエイジングのすすめ」。

「アンチエイジング的には、肥満体型のシェフのいる店は、ちょっと考えた方がいいでしょう。なぜなら、肥満=レプチンの分泌が多くなっている人は、味覚にも鈍感になっている、そんな図式があるからです」(アンチエイジングのすすめ

うーむ、そうだったのか。レプチンが満腹感を与えるホルモンだとは知ってましたが、分泌量が多いと味覚にも影響を与えるんすねー。

一瞬「良い店選びの指標になるか?」とか思いましたが、食べログには「シェフの体型」って項目がないからなぁ(笑)。

執筆: Yu Suzuki
掲載: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧