睡眠に関する4つのありがちな誤解


nemuri

認知療法のテクニックを睡眠に応用した本として評価が高い「Quiet Your Mind and Get to Sleep」を読んでたら、「睡眠に関する4つのありがちな誤解」が面白かったんでご紹介。

誤解1: 適切な睡眠時間は7~8時間
よく「人間に必要な睡眠時間は7~8時間!」などというけれど、実はそこまで明確に証明されたわけではない。必要な睡眠時間は人によって大きく異なり、7時間以下で十分なことも珍しくない。また、睡眠時間は、よい睡眠に必要な要素の1つでしかない。

自分にとって適切な睡眠時間を知るには、まずは7時間の睡眠で自分の体調がどう変わるかをチェック。そこから睡眠時間を増減しながら、もっとも体調がよくなる時間を確かめていくしかない。

誤解2: 朝の目覚めが悪いのは、よく眠れていない証拠
たいていの人は、どんなに睡眠の質がよくても起床から30分はボンヤリするのが普通。「睡眠慣性」や「睡眠酩酊」と呼ばれる現象で、睡眠から覚醒に移ろうとしているために起こる。ちなみに、夜型の人ほど「睡眠酩酊」を経験しやすい。

誤解3: 夜中に何度か目が覚めてしまうと睡眠の質が下がる
睡眠において短時間の覚醒は普通のこと。研究によれば、どんな人でも一晩に平均で12回は目が覚めているが、すぐにまた眠ってしまうので覚えていないだけ。夜中に目が覚めても、その後30分以内に再び眠りにつけるなら問題はない。

誤解4: 寝床のなかにいる時間が長いほど、睡眠時間ものびて翌日がラクになる
睡眠量より睡眠の質に気を配るほうが大事。寝床に長くいると体内時計の調子を悪くするし、うつ傾向を悪化させてしまうこともある。

そんなわけで、「睡眠に関する4つのありがちな誤解」でした。個人的には夜中に目が覚めてトイレに行くことが多かったんで、それが問題ないとわかったのはうれしいですねー。

執筆: Yu Suzuki
掲載: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧