【最強メロンパフェ】素材の味は『銀座千疋屋銀座本店』 完成度は『タカノフルーツパーラー新宿本店』


pafe1

パフェほど魅力的なスイーツはない。たっぷりのクリームとアイスにチョコレート、ストロベリー、メロン、ピーチ、マロン、マスカット、あらゆるアクセントがプラスされ、まったく違う味わいを生む。

しかし、クリームとアイスとトッピングを入れていれば、それだけでパフェが完成する思っている店がある。とんだ勘違いであり、フレークをたくさん入れて量をかさ上げしているなんてもってのほか(入れる理由があるならいいが)。

特に味のごまかしができないパフェが、メロンパフェだ。メロンは繊細で上品な甘さをしているため、その甘さを台無しにしないクリームやアイスの組み合わせが必要となる。さまざまな店を調べた結果、最強のメロンパフェは以下の2店舗となった。

・銀座千疋屋銀座本店
メロンをそのまま食べたくなるほどメロンが繊細な甘さをしている。甘さが強くないのに美味しく感じるのは「甘さの質」がよいからである。

クリームがメロンの繊細な甘さに合わせて「さらに繊細」なため、メロンの美味しさに絶妙な「まったり感」を生み出しているのもよい。メロンもクリームの繊細な甘さだからこそ好きという人もいれば、物足りないと感じる人もいるのではないだろうか?

pafe4

pafe3

・タカノフルーツパーラー新宿本店
メロンは熟れているかのように甘いが、身は引き締まっている。クリームは上品ながらメロンとは違った甘さを強く持っており、メロンとクリームで正当派パフェの甘さを生んでいる。

メロンとクリームどちらも甘いが、それをしつこく感じないのはコアの部分にあるシャーベットがさっぱりとした「第三のメロンの味」を持っているからだろう。

pafe2

pafe1

記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧