誰でも参加可能! 一点モノの家具が買えるリアルオークションが開催!


kagu

「ヤフオク!」やスマホアプリ「メルカリ」の普及で、ネットに関しては身近になったオークションだが、リアルの場でのオークションに参加したことがあるという人は、ほとんどいないのではないだろうか。

・スプートニクオークション
11月3日(月、祝日)、東京・表参道に新たにオープンする複合スペース「COMMUNE246」にて、国内外のアーティストやクラフトマンが制作した家具を中心とした、約40点の公開オークション「スプートニクオークション」が開かれる(絵画、彫刻、ジュエリーなどもあり)。

・クラフトマン本人に還元
黒崎輝男事務所とMirai InstituteK.K.が、リクルートライフスタイルが運営する家具運営サイト「TABROOM」の協力のもと行うもので、手数料以外の落札金額はすべてアーティストやクラフトマン本人に還元されるとのこと。

・誰でも参加可能なリアルなオークション
写真を見ての通り奇抜な作品も多いが、貴重な誰でも参加可能なリアルなオークションである。デザインやインテリアに興味がある人はもちろん、リアルな場でのオークションを体験してみたい人も参加してみてはいかがだろうか。

・美しさを評価する視点
ちなみに、「スプートニクオークション」というタイトルは、以下のような理念によるものだ。

「最初の人工衛星『スプートニク』が地球を見た時の様に、宇宙から見たら、何も国境や隔たりがない、美しいものにはその美しさを評価する視点から、出来る限りお金を直接そのものを創造した人に繋げていきます。消費されるデザインからはいったん距離を置き、モノ作りに対する根源的な価値や面白さ、美しさを、純粋な目で再発見してください」(公式サイトより引用)

・デザインウィーク内のイベントのひとつ
昨年はアメリカのオレゴン州・ポートランドにて開催され、会場は熱気に包まれたとのこと。11月3日は都内で100以上のイベントが開催されるデザインウィークの最終日でもあり、今年の「スプートニクオークション」も、国内外の参加者で盛り上がりそうだ。

・オークション開催日
2014年11月3日(月、祝日) 19:00〜22:00
場所:COMMUNE246 内 (東京都港区南青山3-13)

記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com
執筆: 鈴木収春
Via: スプートニクオークション公式サイト

鈴木収春
クラウドブックス代表取締役。自由大学「伝わる文章学」「出版道場」教授。講談社客員編集者を経て、出版エージェントに。ドミニック・ローホー『シンプルリスト』、タニタ&細川モモ『タニタとつくる美人の習慣』などを担当。

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧