週に5時間のアクションゲームで学習能力がアップすることが判明!


game

ゲームは子どもに悪影響なのか?」みたいな議論が昔からありますが、近ごろ出た研究(英文)によれば、アクションゲームで学習能力が上がるらしい。

・20人の被験者で9週間の実験
これはプリンストン大学の論文でして、普段はゲームをやらない20人の被験者を半分にわけて、一方には『Call of Duty2』や『Unreal Tournament 2004』といったアクションゲームを、残りには『ザ・シムズ4』のようなシミュレーションゲームをプレイしてもらったんですな。実験は9週間ほど続きまして、プレイ時間はおよそ50時間ほど。

・アクションゲームで学習能力がUP
その後、被験者たちに知覚学習テストをやってもらったところ、アクションゲームをプレイしたほうが学習能力が上がってたんですな。さらに、1年後に再検査をしても、この効果は続いていたらしい。

・より良いテンプレートを作る能力
研究者いわく、「人間の予測能力を高めるために、わたしたちの脳は、絶えず外の世界のモデルやテンプレートを作っている。テンプレートの精度が上がるほど、わたしたちは上手く行動することができる。アクションゲームには、より良いテンプレートを作る能力を育てる効果があるのだろう」とのこと。

・生き抜くためのシミュレーション
通常、アクションゲームが上手くなるには、予期せぬ出来事にすばやく対応しつつ、ゲームの世界観を頭のなかで組み立てていく必要があるわけですが、この能力が、現実世界を生き抜くためのシミュレーションにもなっているわけですね。

・週に5時間のプレイだけで十分
ちなみに、アクションゲームで学習能力を高めるには、週に5時間のプレイだけで十分とのこと。決してゲームをやるほど頭が良くなるってわけじゃないので、ご注意ください。久々にXboxで遊んでみるかな…。

この人の記事をもっと読む http://yuchrszk.blogspot.jp
掲載: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧