香港人のお墨付き! 絶品ローストグースが食べられる『一楽焼鵝』に行ってみた


hongkong-roast-goose3

皆さん、ローストグースをご存知ですか? 北京が北京ダックなら、香港はローストグース! そういっても過言ではない、香港ならではの料理です。

そもそもローストグースとは、焼いたガチョウのこと。日本では食卓にガチョウがあがる機会は少ないと思いますが、香港では定番の「食」なのです。

・現地人のお墨付き
香港には複数のローストグース専門店がありますが、特に有名なのが鏞記(ヨンキー)ではないでしょうか。日本の香港ガイドブックやサイトにも多数掲載されている人気店ですが、実は、知る人ぞ知る、現地人のお墨付きのローストグース専門店があるのです。

hongkong-roast-goose5

・店名からしてローストグース専門店
その店は『一楽焼鵝』。ガチョウを漢字にすると「鵝鳥」となり、中国語では「鵝」となります。まさに店名からしてローストグース専門店。ガチョウ一筋の年季の入った職人の店ともいえるでしょう。

・世界が認めた味
実はここ、『ミシュラン』の一つ星を得ている「世界から認められた味」の店でもあります。さらに、旅行サイト『トリップアドバイザー』が選ぶCertificate of Excellence 2014(エクセレンス認証)を獲得した店なんです。

hongkong-roast-goose6

hongkong-roast-goose7

・いろいろなバリエーション
メイン料理はもちろんローストグースですが、肉だけをそのまま食べるもの、ご飯にのせて食べるもの、スープ麺にのせて食べるもの、いろいろなバリエーションがそろえられています。

hongkong-roast-goose8

・ご飯と一緒にローストグースを味わう
ここではじめて食べるなら、肉を単品で注文し、もう一皿をご飯にのせたものにするとよいでしょう。肉だけの味わいを十分に堪能したのち、ご飯と一緒にローストグースを味わいましょう。

hongkong-roast-goose3

hongkong-roast-goose4

・ジュワっとエキスがあふれ出す
その味ですが、ひとことで言うと絶品です! パリパリな皮がクリスピーな食感を楽しませつつ、「こんなにも大量の旨味をどこに隠していたの?」と思えるくらいジュワっとエキスがあふれ出して、頬が落ちそうになります。

hongkong-roast-goose2

hongkong-roast-goose1

・ご飯になじんでソフトなテイスト
もちろん、身の部分も絶品です。皮とは違ったコクのある肉汁を含んでいるため、ご飯になじんでソフトなテイストの味付けご飯を食べているかのようです。シンプルかつ安価なのにこれだけのクオリティなのだから、確かに人気が出るはずです。

一楽焼鵝
中国香港士丹利街34-38號地下 (Central)

中国香港士丹利街34-38號
Google Mapで開く

記事: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧