ハーバード大学研究者「左利きは右利きより年収が低いし認知機能も劣っている」


te

ちょい前に「左利きは右利きより年収が低いし認知機能も劣っている!」って論文(英文PDF)が出て、わたしのような左利き人間の間で衝撃が走っております。

・左利きと年収や認知機能の関係を調査
これはハーバード大学の経済学者から出てきたデータで、4万件以上のデータを調べて、左利きと年収や認知機能の関係を調べたもの。その結果、全体的に左利きは右利きよりも10〜12%も年収が低かったらしい。

・認知機能のテスト
この結果について、研究者は「左利きは遺伝的な問題がある」と考えてるそうで、実際、認知機能のテストでも左利きは点数が低かったみたい。

さらには、「左利きは右利きよりも感情の波が激しく、問題行動を取ることが多い。また、失読症のような学習障害を患う確率が高いため、学校を卒業する割合が低く、認知機能を使うような仕事にはつかないことが多い」とのこと。

・まだ希望の光はございます
左利きは感情的でトラブルメーカーで頭が悪いんだ、と。左利きのわたしとしては、完全に涙目であります。ただし、左利きの方にも、まだ希望の光はございます。

というのも、過去に行われた研究では、左利きのほうがテストの点が良く(根拠 英文)、IQも高い人が多いってデータ(根拠 英文)も出ているんですよね。

・超成績が良いか悪いかに二分される?
どちらも、最新の論文とは食い違う結果のようですが、過去のデータを見てみると、どうも左利きは「超成績がいい人」と「超成績が悪い人」の2つに分かれやすいっぽい。今回のハーバード論文は、おもに中間層のデータをあつかっているんで、左利きの両極にいる人たちの数字が組み込まれてない感じなんですね。

以上の話をわかりやすく言うと、

「頭が良い人たちの間では、左利きのほうが有利かも」
「頭のデキが普通の人たちの間では、右利きのほうが有利っぽい」
「それ以下の人たちの間では、左利きのほうが不利っぽい」

といったところです。まぁ、こうなると、ダヴィンチやゲイツのような天才にしか、左利きのメリットはないって話なのかもしれませんけど。トホホ。

この人の記事をもっと読む http://yuchrszk.blogspot.jp
掲載: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧