頭が良い人たちが備えている6つの特徴


tensai

例によって調べ物をしてましたら、頭の良い人たちの特徴についてリサーチした論文がいろいろたまったんで、ここにまとめておきます。

1. 頭が良い人は無神論者
基本的に頭が良い人たちは、慣習にとらわれない傾向が強いもんで、神様や宗教を信じな人が多いらしい(根拠 英文)。

2. 頭が良い人は政治的にリベラル
こちらも上と同じ研究で、頭が良いと保守的な考え方を嫌う場合が多いので、自然と政治的にもリベラル寄りになっていくみたい(根拠 英文)。

3. 頭が良い人は精神病にかかりやすい
2012年の論文によれば、高度な知性は遺伝子の変化が原因で生まれた可能性が高く、その副作用として精神病を発症する確率も高いんだそうな(根拠 英文)。

4. 頭が良い人は心配性
これも2012年の論文で、知性と心配性は一緒に進化したんだそうな。心配性な人ほど未来の不安に対処しようとするので、自然と知性も高まっていくってことらしい。実際、頭が良い人は不安障害にかかる確率も高いんだとか(根拠 論文)。

5. 頭が良い人は目の血管が太い
網膜の血管は脳の血管に近く、これが太ければ太いほど酸素の供給量が多くなる。その結果、網膜の血管の太さは脳機能が高い目印になるそうな(論文 英文)。

6. 頭が良い人は遅寝遅起き
2009年の統計では、頭が良い人ほど遅い時間に眠りにつき、遅い時間に起きる傾向が強かった。頭が良い人は、一般的な知性の人よりも、平均で30分ほど遅寝遅起きだったそうな(根拠 論文)。

・まとめ
そんなわけで、近年の心理学研究で明らかになった、頭が良い人たちが備えている6つの特徴でした。もちろん、あくまで統計データなんで、「遅寝遅起きの人は必ず頭が良い!」ってわけじゃないし、「神様を信じなければ頭がよくなる!」ってことにもならないので、ご注意ください(笑)。

この人の記事をもっと読む http://yuchrszk.blogspot.jp
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧