研究者「雨が降った事に謝罪すると他人の信頼感アップ! 人間の力ではどうにもならない事に対して謝る」


ame

「雨が降ったことに謝罪すると他人からの信頼感がアップする!」って研究(英文PDF)が面白かったのでメモ。

・45%も携帯電話を貸してくれる確率UP
ハーバードビジネススクールの研究で、実験者が町中で初めて会った人から携帯電話を借りる実験行ったところ、たんに「携帯電話を貸してくれませんか?」と聞くよりも、「今日は雨が降ってすいません! ところで携帯電話を貸してくれませんか?」と言ったほうが、45%も携帯電話を貸してくれる確率が上がったらしい。

・人間の力ではどうにもならないことに対して謝る
これは、別に雨に謝る以外にも、「電車が遅れてすいません!」でも「消費税が上がってすいません!」でもOKで、とにかく人間の力ではどうにもならないことに対して謝るのがポイントなんだとか。

研究者いわく「謝罪はコミュニケーションに影響を与える簡単なツール。自分に過失がなくてもとにかく謝るのが大事です」とのこと。

・雨が降っているところすいません
つーか、いきなり「雨が降ってすいません!」とか言われたら、私なら「ヤバい奴が話しかけてきた!」って思っちゃいそうですが、英語だともうちょい自然に聞こえるんですかね? 日本語の場合は「雨が降っているところすいません」とか、そんなふうにアレンジしたほうが良さそうですな。

この人の記事をもっと読む http://yuchrszk.blogspot.jp
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧