実は糖質とアミノ酸サプリの摂取が重要! ジョギングで脂肪を燃焼させるポイント


20150116

脂肪を燃焼させる有酸素運動の代表格であり、ブームの真っ只中にあるジョギング。しかし、ダイエットのためにジョギングを始めたのに、なかなか効果が出ない上に疲れやすくなったという方も多いようです。効果が出ない原因は、食事やサプリメントを摂るタイミングが間違っているからかもしれません。

・体脂肪を効率良く燃やすポイント
そもそも、有酸素運動をするとなぜ痩せるのでしょうか。かんたんにいうと、体脂肪を主なエネルギー源として行われるのが有酸素運動だからなのですが、有酸素運動で体脂肪を効率良く燃焼させるためには、ふたつのポイントがあります。

・運動前にアミノ酸サプリで脂肪を分解
ひとつめのポイントは、ジョギング前に脂肪を体から引き剥がす(分解する)ことです。体脂肪を分解するのは、リパーゼという酵素です。リパーゼを活性化させる効果があるので、事前にサプリメントなどでアミノ酸を摂取するようにしましょう。

・糖質を摂らないと脂肪がうまく燃えない
ふたつめのポイントは、分解した脂肪を燃焼させるために、十分な着火剤を用意することです。着火剤となるのは、ダイエットの大敵と思われている糖質です。ダイエットしたいからといって、食事制限をしてアミノ酸や糖質を摂らずに走っても、脂肪はうまく燃焼してくれません。それでは、朝、昼、夜にジョギングする人に分けて、アミノ酸と糖質を摂取するタイミングをご紹介していきます。

朝:
寝起きは血糖値が下がっており、特に糖質が不足している状態です。30分くらい前に、オレンジジュースなどの果糖類と、ヴァームやアミノバイタルなどのアミノ酸サプリ(ドリンクタイプは糖質も入っているので、その場合、オレンジジュースなどは不要)を摂取してからジョギングし、帰宅してから朝食をとるのがおすすめです。

昼:
昼食後、2~3時間後に走るのがおすすめです。バランスの良い食事を心がければ、特にサプリは必要ありません。

夜:
夕食後、2〜3時間後に走るのがおすすめなのですが、現代人の生活を考えるとなかなか難しいと思うので、事前に軽く糖質とアミノ酸を摂取し、ジョギング後はあまり食べ過ぎないようにしましょう。事前の糖質は、2時間前のおにぎり1個、1時間前のバナナ1本、30分前のエナジードリンクのいずれかを推奨します。アミノ酸サプリは30分前を目安に。

・ジョギングの疲労を残さない方法
ジョギング後の疲労回復にも、アミノ酸と糖質が役立ちます。アミノ酸サプリでは、BCAAとグルタミンがおすすめ。BCAAは、脂肪燃焼と運動で消費されたアミノ酸を補充することで、筋肉の分解を抑制し、疲労を軽減します。グルタミンは、疲労回復や免疫力向上が期待できるアミノ酸です。運動で消費した分の糖質の摂取も疲労回復に効果がありますが、夜は食べ過ぎに注意です。

アミノ酸と糖質の摂取タイミングを覚えるだけで、ジョギングによるダイエットはより効果的なものになります。効率良く脂肪を燃やして、今年こそスリムボディを手に入れましょう。

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com
執筆: 古家政吉

古家政吉
株式会社ナレッジスポーツ代表取締役。NSCA認定パーソナルトレーナー。自由大学「出版道場」ゲスト講師。西洋医学と東洋医学を融合させた手技療法「筋バランス療法」を確立し、プライベートトータルリラクゼーションサロン「HOGUMI」を運営。著書に『細マッチョ肉体改造法』(講談社)。

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧