【衝撃事実】スーパーマリオの誰も知らない17の秘密!


mario

世界中の人たちが知っているゲームキャラクターといえば、マリオです。特に『スーパーマリオブラザーズ』は人気で、皆さんも何度か遊んだことがあるはずです。

今回は、「スーパーマリオの誰も知らない17の秘密」を皆さんにお伝えしたいと思います。皆さんが知っている秘密があるかも!?

・スーパーマリオの誰も知らない17の秘密
1. マリオの親が登場するゲームがある
スーパーファミコン『ヨッシーストーリー』に、マリオとルイージの両親がシルエットで登場する。

2. ファミコン版『スーパーマリオブラザーズ』にはバグで発生する裏面がある
『テニス』と『スーパーマリオブラザーズ』を使ってバグを発生させ、普通では行くことができない裏面に行くことができる。

3. マリオの名前は最初「ミスター・ビデオ」だった
マリオという名前は『ドンキーコングJR』からつけられたもので、それより以前は「ミスター・ビデオ」などと呼ばれていた。

4. マリオはピーチ姫よりも前に好きな女性がいた
マリオの恋人はレディという名前で、『ドンキーコング』に登場した。ピーチ姫よりも以前に交際したいた女性!? といわれている。

5. ファミコン版と現在とではマリオの服の色が逆になってる
マリオは最初、オーバーオールが赤かったが。現在はシャツが赤くなり、オーバーオールが青くなっている。

6. マリオが女体化した『スーパーマリオシスター』というゲームが存在する
中国で任天堂非公式ゲーム『スーパーマリオシスター』が作られ、女体化したマリオ(?)が活躍する。

7. ファミコン版『スーパーマリオブラザーズ』の雲と草は同じデザイン
雲と草のドッと絵は同じものであり、色だけが違う。使い回しともいえるが、違和感がないのが凄い!!

8. キノコ王国のブロックは魔法でブロックにされた市民
マリオが叩くと壊れるブロックは、クッパの魔法でブロックにされてしまったキノコ王国の市民。

9. クリボーは栗じゃなくてキノコの怪物
クリボーは栗のように見えるが、実はキノコの怪物。そもそも、怪物というよりキノコ王国の裏切り者という設定。

10. キノピオの頭は帽子! 脱ぐとハゲている
キノピオのキノコ柄の頭は帽子であり、本物の頭ではない。帽子を脱ぐとハゲている。

11. 空中に浮いているブロックは「奥が繋がってる」から落ちない
ブロックは空中に浮いているように見えるが、実は奥で壁(?)に繋がっているという設定。つまり浮いているのではなく、固定されている。

12. マリオが悪役だったゲームがある
『ドンキーコングJR』では、マリオが悪役となって主人公のドンキーコングJRの行く手を阻む。しかし、直接的な攻撃はしない。

13. マリオの身長は155センチ
マリオの身長は155センチで、意外と低め。しかし小さくなったり大きくなったりするので、なんともいえない。

14. マリオは26歳くらいという設定
マリオの年齢設定は26歳前後と言われている。プレイヤーからは「もっと年上かと思った」という声が出ている。

15. 北島三郎が登場する『マリオブラザーズ』がある
任天堂公式のゲームとして、北島三郎が登場する『帰ってきたマリオブラザーズ 永谷園バージョン』が存在する。しかも北島三郎はマリオよりデカい!!

16. 『スーパーマリオブラザーズ』はポールを超えてジャンプできる
ゴールのポールを超えてジャンプできるステージがあり、城の奥へと進むことができるステージがある。

17. キノピオは男だけどキノピコという女もいる
キノピオは男だが、キノピコという女もいる。複数の作品に登場しているため、マリオファンなら見たことがあるかも!?

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/01/29/super-mario/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ゲームの新着記事一覧