汚い机で作業すると忍耐力が減ることが判明!「汚い環境は情報量が多すぎて脳処理が追いつかない」


tsukue

「汚い机で作業をすると忍耐力が減る!」って実験(英文PDF)がおもしろいのでメモ。

これはシカゴ大学の研究でして、100人の学生を2つのグループにわけて、以下のような汚い机で図形パズルを解いてもらったんですね。

で、 もう一方のグループには、以下のようなキレイな環境で同じパズルに挑戦してもらった、と。

すると、キレイな机を使った学生のほうが、およそ1.5倍の時間を使って、忍耐強くパズルに取り組み続けたんだそうな。

こういった現象が起きるのは、研究者いわく「汚い机を見るとセルフコントロールの感覚が減る」のが原因らしい。つまり、

1. 汚い机が目に入る
2.「自分はこの世の乱雑さに対して無力だ」という感覚が生まれる
3. 意志力が減る
4. 忍耐力がなくなる!

といった感じ。汚い環境は情報量が多すぎるもんで、脳の処理が追いついていかないみたいっすね。

もっとも、一方では、汚い机で作業をすると問題解決力や創造性がアップするってデータもありまして、このへんのバランスは難しいところだったりします。悩みますねぇ。

まぁ、以前に紹介した「グリット」の理論(記事)によれば「成功のためには忍耐力が最も重要」だそうですし、社会人としては、あきらめずに作業を終わらせるのが一番大事な気もしますんで、わたしは今後とも机を片づけていこうと思った次第です。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/02/03/kitanai/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧