【バレンタインデー】義理チョコよりも最下層の「義務チョコ」をもらった男子が涙目(笑)


valentines

毎年2月14日はバレンタインデー。女子が意中の男子にチョコレートを渡し、愛する気持ちを伝える日です。本命チョコは本当に好きな人へ、義理チョコは親しい男子へプレゼントするのが、世間的に一般化しているようです。

・「義務チョコ」を渡す女子増加
義理チョコは、同級生や職場の男子に渡すのが流れになっていますが、「義理チョコもたくさん買うとバカにならない金額になる」や「義理チョコなのに勘違いされて言い寄られた」という理由から、義理チョコを渡さずに、「義務チョコ」を渡す女子が増えているといいます。

・あなたを好きにはなりません
義務チョコは、チロルチョコや麦チョコ2~3粒など、「どう考えても脈ナシ」をアピールしたチョコです。その名のとおり「義務として渡しているだけであなたのことを好きになることはありませんから」という意味が込められています。

・バレンタインチョコの種類
大本命チョコ: 本命のなかでもいちばん狙っている男子に渡すチョコ(予算 4000~5000円)
本命チョコ: 複数いる付き合いたい男子に渡すチョコ(予算 2000~4000円)
擬似チョコ: 本命チョコにみせかけておいて、実は滑り止め用の男子に対するチョコ(予算 1000~2000円)
義理チョコ: サシで遊んだり飲んだりできるくらいの男子に渡すチョコ(予算 100~200円)
義務チョコ: 義理もないしまったく眼中にないけど社交辞令的に仕方ないから渡すチョコ(予算 2~20円)

・義務チョコをもらった男子の声
「バレンタインデーのとき出社したら、麦チョコが投げ置かれたかのように、4~5粒くらい机に散乱していました。義理でも義務でもいいから、さすがにティッシュの上に置くぐらいはしようよ。100円の板チョコを小さく割って置いとくのもやめて欲しい、指紋ついてるし……」(24歳 男性 サラリーマン)

・女子の皆さんは注意して
明らかに予算がかかってない義務チョコを渡された男子は、逆に傷つく場合があります。「むしろ渡さないほうがよかったかもしれない」ということにもなりかねないので、女子の皆さんは注意しましょう。

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/02/09/valentines/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

恋愛・パートナーの新着記事一覧