【衝撃】ジブリアニメ『崖の上のポニョ』の知らないほうがよかった5つの噂


ponyo

ジブリの人気アニメーション映画『崖の上のポニョ』。日本のみならず、海外でも絶賛されているこの作品、実は「知らないほうがよかった5つの噂」があるのをご存知ですか?

今回は、『崖の上のポニョ』に関係する5つの噂をご紹介したいと思います。「知らないほうがよかった!」と後悔するかもしれませんので、ここから先は覚悟してお読みください。また、ネタバレ要素を含みますので、まだ見ていない方はご注意を。

・崖の上のポニョの知らないほうがよかった5つの噂
1. トンネルの先は死後の世界
『崖の上のポニョ』には神秘的で寂しいトンネルが登場しますが、そのトンネルの先は死後の世界を意味し、トンネルを抜けてしまった宗介(主人公の少年)は死んでしまったと解釈している説があります。

トンネルの入り口に、地蔵があったのを覚えていますか? 地蔵は胎内や子どもを意味する存在であり、「親よりも先に死んでしまった幼子の魂」を救済する存在でもあります。つまり、宗介は死んでしまい、このトンネルをくぐることで魂の救済がなされたとも解釈できるのです。

2. ポニョは魂を迎えにきた死神
ポニョは亡くなった人たちの魂を迎えにきた死神だ、という説があります。ポニョの本名は「ブリュンヒルデ」といい、北欧神話には死者の魂を展開へと導く存在として知られています。

ワルキューレという女神は日本でも知られていますが、ブリュンヒルデはワルキューレのひとりとしても有名です。トンネルの謎とあわせて考えれば、「死」を意味する部分において合致しますね。

3. ボートの家族は成仏できない魂
ボートに乗っていた幼児を含む家族は、成仏できないままあの世とこの世を漂っている魂という説があります。大正時代のような服装をしている婦人から推測するに、亡くなって数十年、乳児の霊とともにさまよっていたと解釈できます。

ポニョで出会ったことで、「家族が成仏したと解釈できるシーン」もあり、その噂に信憑性を与えています。ポニョが差し出した飲み物と、婦人と幼児の行動。それを深く考えてみると、意味深なシーンであることがわかります。

4. 町が美しいまま海に沈んでいる
津波がなかったかのように、町が美しいまま海の底に沈んでいます。しかも、船には多くの人たちが元気に乗っています。津波はひどかったけど、悲しいようすはあまり感じられず、むしろ明るい。

亡くなって魂となった人たちが「三途の川を渡っている」と解釈している人が多数います。そう考えると、さきほど解説した「ボートに乗った幼児と婦人」(数十年前から成仏できない霊)の存在も納得がいきます。

5. 老人たちが元気になっている
作品のラスト、老人たちが元気になり、いままで安否が不明だった人たちがたくさん登場します。しかも水中にいて、不思議な空間が形成されています。常識的に考えれば、「どうしてこうなった?」と頭を傾げてしまうシーンです。

しかし、これが死後の世界と考えれば、そのストーリー展開から「意味不明」の文字が消えるのです。そう解釈しないと、作品として意味がわからないものになってしまうという人もいます。

・さらに「意味深なポイント」が複数ある
5つの噂をお伝えしましたが、実はもっと細かいシーンに「意味深なポイント」が複数あるのです。今回の5つの噂に関しても、もっと深く掘り下げれば、さらに「死後の世界」の信憑性が高まる情報が出てきます。皆さんは、『崖の上のポニョ』のストーリー、どのように受け止めましたか?

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/02/13/ponyo/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

アニメの新着記事一覧