最新の科学技術を使った「美味しそうな料理を投影する」イベント開催!食べるアート展


art2

ついに人間の科学技術がここまで発展したとは! 誰もがそう思ってしまう、究極のヴァーチャルグルメが体験できる『食べるアート展』の開催が決定した。

・精細なヴィジョンと臨場感が凄い
超高解像度のプロジェクション投影により、テーブルに食器と料理を映し出し、いまにも美味しい香りが漂ってきそうな「グルメ」を描写! もちろん投影だから食べられないし掴めないが、それでも「美味しそう!!」と感じさせる精細なヴィジョンと臨場感が凄い。

art3

・美⾷倶楽部
イベントの正式名称は『食べるアート展 L’art de Rosanjin 魯山人と新・美食倶楽部』。2015年3月6~24日まで、日本橋三井ホールで開催される。

・流料亭の器も投影
後悔された写真を見ればわかるとおり、寿司や天ぷらなど、和のグルメをリアルにプロジェクション投影。⼀流料亭の器も投影し、料理と器の調和も楽しめる徹底ぶり。目の前に至高のグルメがありながら、どう頑張っても食べられないもどかしさ! まさに料理の幻想(ファンタジー)がそこにある。

art7

・魯山人と鴨料理のエピソード
だが、このイベントが「食べるアート展」であることを忘れてはいけない。1日600食限定ではあるが、「フランスで実際に起きた魯山人と鴨料理のエピソードから着想を得た料理」を楽しむことができるのだ! 投影だけでなく、リアルな料理を堪能できるのは、「食べられない究極のグルメを見せられた客」としてはありがたい。

・食とムードの双方を実感
和食の板前による料理も、1日200食限定で楽しめる。この和食は、桜の木をプロジェクション投影している部屋にて堪能できる。つまり、食とムードの双方で「グルメの素晴らしさ」を実感できるというわけだ。

art1

食べるアート展 L’art de Rosanjin 魯山人と新・美食倶楽部
会場: 日本橋三井ホール
住所: 東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1(5階)
期間: 2015年3月6~24日
時間: 11:00~23:00(最終入場22:30)
チケット: 大人1000円 学生800円 小学生以下600円 3歳以下無料
食事: 美食の一品1日200食限定1800円 食のラボラトリー1日600食限定1300円
ルート: 地下鉄三越前駅から徒歩約1分

東京都中央区日本橋室町2-2-1
Google Mapで開く

記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/02/20/eating-art/
Via: 食べるアート展 L’art de Rosanjin―魯山人と新・美食倶楽部

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧