タモリが生放送『笑っていいとも』のあと食べに行っていた秘密の絶品そば屋 / 大川や

タモリが愛する蕎麦の味 / 大川や


soba4

かけそば
700円

タレントのタモリが、テレビ番組『笑っていいとも』の放送後、頻繁にランチを食べに通っていたそば屋がある。他店では味わえない、独特なそばを体験できる名店だ。

・「職人の腕前」を感じさせる
そば屋の名は『大川や』。東京都千代田区にあり、最寄り駅はJR市ヶ谷駅。雑居ビルと住宅が立ち並ぶ、静かな通りに面している。

しかし『大川や』の店頭だけ空気が違う。上品でありながら、温かく入りやすい雰囲気。パリッと綺麗にかけられている、暖簾(のれん)が「職人の腕前」を感じさせる。

soba1

・かけそばと穴子天そば
ランチの人気メニューは、日替わり御膳(1100円)。天ぷら、小鉢、味ごはん、そばがセットになっている。

しかし『大川や』の常連は、かけそば(700円)と、穴子天そば(1500円)を強く推奨している。

soba2

・『大川や』の本質が見えてくる味
つまり、基本とも言うべきかけそばを味わい、贅沢とも言うべき穴子天そばを味わえば、『大川や』の本質が見えてくるというわけだ。

ちなみに、穴子天そばを注文すれば、かけそばに別皿で穴子天がついてくるので、両方の味を堪能できる。

soba3

・柚子がつゆに与える影響は絶大
かけそばは、柚子の「きゅんとなる爽やかさ」を強く感じられる逸品。柚子は微量ながら、つゆに与える影響は絶大だ。

ダシと柚子のバランスは都内トップクラスのクオリティである。

soba4

・瞬時に旨味と香ばしさを放つ
驚いたのは、そばのクオリティである。表面でふわっとした食感を与えながら、中心部で「やや抵抗」をするかのごとく、絶妙なコシを感じさせる。

そばを食べた瞬間、爽やかなつゆが「未到達だったそばの中心部」に流れ込み、瞬時に旨味と香ばしさを放つ。

soba6

soba7

・どこから食べても美味
穴子天ぷらからも、職人の腕前が強く感じられる。シャリッと音を立てながら、上品な旨味が広がる。微塵にも生臭さがないし、油っぽさや硬さのブレもない。

どこから食べても、何度口に運んでも、旨味と食感が損なわれている部分はない。

soba8

・穴子天ぷらに塩をつけて食べる
できれば、そばを食べはじめてから、後半あたりに穴子天ぷらを食べるべきだ。穴子天ぷらに塩をつけて食べるので、純粋なそばの味を楽しむなら、天ぷらは後半だ。

ホクホクとした食感と、塩によって生かされる旨味。それがまた、そばの美味しさにパンチを与えて新たな感動を呼ぶ。

soba5

・タモリが常連になるのも理解できる味
タモリがこよなく愛するそば屋『大川や』。そばと天ぷらのクオリティを考えれば、タモリが常連になるのも理解できるというもの。グルメに興味がある人に、ぜひ食べてほしい逸品である。

大川や(おおかわや)
住所: 東京都千代田区九段南3-4-2
時間: 11:00~15:00 17:30~22:00 土11:30~15:00 17:30~21:00
休日: 日祝
ルート: JRや地下鉄の市ヶ谷駅から徒歩5分。

東京都千代田区九段南3-4-2
Google Mapで開く

詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/03/03/tamori/
Via: 大川や

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧