【研究結果】中年になると性格は治らない事が判明! 35歳でダメなヤツは90歳になってもダメなヤツ!

研究者「35才のときの性格は90才になっても同じ」


seikaku2

2014年に読んだ本『Me, Myself, and Us』のなかで面白いのが、「人間の性格は30代になっても変えられるか?」について議論している部分。

・アラフォーになったら性格の欠点は治せない?
これは心理学の世界じゃ昔ながらの問題でして、わりと「人の性格は30代までに決まる!」って説が有力だったんですね。特にアメリカを代表する心理学者であるウィリアム・ジェームズなどは、「われわれ多くの者においては、習慣によって三十歳までに性格が漆喰のように固定して、再びやわらかくならないほうが世間のためによい」と19世紀の段階で言い切っております。

わたしのようなアラフォー男には、もはや性格の欠点を治す術はないんだ、と。なかなか困った気分にさせられる話ですね。

・35才や40才のときの性格は90才になっても同じ
で、実際のデータはどうかと言えば、有名なのが2002年の論文(英文)。一卵性双生児を対象にした研究でして、遺伝と性格の関連を調べたんですな。

その結果は、性格はかなりのところまで遺伝で決まっていて、人生を通して変わることが少ないというもの。なかでもビッグファイブ(ヒトの性格を5つの特性にわけたもの)は遺伝の要素が強く、およそ40~50%の部分が生まれつき決まっちゃってるそうな。

この見方は2000年の大規模な調査(英文PDF)でも裏付けられてまして、おおまかに見るとヒトの性格は年代ごとに揺らいでいくものの、基本的には一生を通して変わらないみたい。

研究者いわく、「ヒトの性格は、思春期の前半に大きな変化を見せるが、30~35才を過ぎたころから変わらなくなっていく。まったく変化がないわけではないが、一生のスパンから見れば、非常に微々たるものだ。基本的にヒトの性格は不変で一貫している。35才や40才のときの性格は、90才になっても同じはずだ」とのこと。

なんでも、わたしの人見知りな性格も遺伝から来ているそうで、これは80才になろうが変わらないらしい。トホホ。

seikaku1

・性格が変えられないなら行動を変えればいいじゃない
そんなわけで、やっぱりウィリアム・ジェームズの意見は正しかったようですが、『Me, Myself, and Us』には処方せんも述べられております。

著者いわく、「確かに性格は変えられないが、なにも環境や遺伝の犠牲者になる必要はない。わたしたちは「いかに振る舞うか?」を、ある程度まで自由に決められるからだ」とのこと。「性格が変えられないなら、行動を変えればいいじゃない」って話ですね。

というと「無理して別のキャラを演じても大丈夫だろうか……」って不安が出てきそうですが、このあたりについては様々な研究がありまして、例えば内気な人が強引に外向的なキャラを装っても、まず見抜かれることはないんだそうな。その際には、あくまで自分の目的を明確にして、そのゴールにあったキャラを演じるだけでOKとのこと。

・心のスイッチを切り替えると楽!?
そういえば、わたしも飲み会でキャラを作った場合は、たいてい「人当たりがいいですねぇ」とか言われたりするんで、意外と人見知りってバレないもんだなぁと思ったことであります。あの芸人のザキヤマさんも、本来は極度の人見知りなのに、家を出る時点でスイッチをオンにすると言いますしね。「本来の自分が……」とか悩まずに「スイッチさえ入れれば大丈夫」と割り切ったほうが精神衛生にはいいのかも。

もちろん、一方では、素の性格と違うスイッチをオンにし続けると、自律神経系がやられちゃうってデータ(記事)もありますんで、そのあたりのバランスは大事。

あくまでも、自分がキャラを作っている目的を自覚したうえで、素の自分(=遺伝的に決まった性格)にもどる時間を作るのが大事ではあります。それでは、皆様どうぞよしなに。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/03/05/gameover/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧