亜鉛が足りないと頭が悪くなることが判明! 研究者「鬱病やパニック障害にもなりやすくなる」

神経回路の発達スピードに大きな影響!!


nuko1

亜鉛が足りないことが判明したため、先日からあわててサプリメントを飲んでいるわけですが、その流れで2013年に出た「亜鉛と鬱病の関係を調べた論文」(英文)を読んだらいろいろ怖くなってきましてね。

・脳内の亜鉛量が5割も減少
これは、亜鉛がメンタルに与える影響を調べた臨床実験でして、なんでも亜鉛は鬱病で脳の細胞が死んじゃうのを食い止める働きがあり、ストレスによるダメージをおさえてくれるんだそうな。逆に統合失調をわずらった人は脳内の亜鉛量が5割も少なくなっていたらしい。うーん、恐ろしや。

・神経回路の発達スピード
でもって、亜鉛にはBDNFって成分を分泌する働きがありまして、これが脳のシナプスやら神経回路の発達スピードをあげてくれるみたい。

・鬱病やパニック障害の引き金
BDNFは脳の働きに超大事で、これが少ないと鬱病やパニック障害の引き金になっちゃう。書籍『脳を鍛えるには運動しかない!』には、軽度の運動をくり返すことで増やせると書いてありましたが、亜鉛でも分泌量をアップできるとは知らなんだ。

nuko2

・ストレスを感じやすい人は要注意
ちなみに、心理学でいうタイプAの性格の人(ストレスを感じやすい人)は亜鉛が足りなくなりやすいんで注意が必要とのこと。自分のタイプがわからない人はサイト「タイプA行動パターンチェック」なんかが参考になります。

・1日25~40mgの亜鉛摂取が望ましい!?
研究によれば、ストレスが多い時期は1日に25~40mgの亜鉛を摂るのが望ましいとのこと。わたしのようにストレスに弱い人間は、積極的に亜鉛サプリを飲んだほうがいいみたいですねぇ。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/03/17/aen/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧