スーパーやコンビニでジャンクフードの誘惑に負けない方法

よりよい選択ができるようになる


meshi

「すきっ腹でスーパーに行くな!」なんてアドバイスをよく聞きます。お腹ペコペコで買い物に行くと、ついレジ脇のお菓子に手が伸びたりしますからねぇ。

・3つのグループにわけて実験
「じゃあ、他にもいい方法はないの?」ってあたりを調べたのが、書籍『そのひとクチがブタのもと』で有名なブライアン・ワンシンク博士の新しい実験(英文)。まずは120人の参加者たちを3つのグループにわけまして、

1. 事前にひとかけらのリンゴを食べてもらう
2. 事前にひとかけらのクッキーを食べてもらう
3. 事前には特に何もしない(コントロールグループ)

といった状態でスーパーに行ってもらったんですね。そのうえで、みんなの買い物の内容を調べたところ、リンゴを食べたグループは、クッキーよりも28%、何もしなかったグループより25%ほど、野菜やフルーツを買う割合が高かったらしい。

・より高カロリーな食品をチョイス
続く実験でも、リンゴかクッキーを食べた参加者たちに、架空の食料品店で好きなものを選んでもらったら、やはりリンゴグループのほうが全体的に低カロリーなものを選択。クッキーグループは、逆により高カロリーな食品をチョイスしたそうな。

・よりよい選択ができるようになる
研究者いわく、「買い物の前に健康的な食品を軽く口にしておけば、健康を意識したマインドセットが生まれ、よりよい選択ができるようになる」とのこと。

あらかじめ「健康な食品」を脳にすり込んでおくだけで、糖や脂肪の誘惑に強くなるわけですね。シンプルですねぇ。

・ムダな買い物はふせげるかも
もちろん、事前に食べる食品はリンゴに限らず、セロリやキュウリなど、とにかく健康っぽいものならなんでもOK。なんなら、「健康的な全乳製品です」みたいな商品ラベルをながめるだけでも効果は出るみたい。ってことは、事前にトクホ飲料のラベルを見ても、ムダな買い物はふせげるのかも。試してみよう。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/05/07/food/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ライフスタイルの新着記事一覧