【放送事故】生放送で笑いが止まらなくなった女子アナがヤバイ(笑)!

あまりにも笑いのツボに入ってしまった


warai

誰しも人の前で離すのは緊張するものだが、全国に放送されている番組であれば、その緊張は想像を絶するもののはず。たとえプロの女子アナウンサーだったとしても、どうにもできないこともある。

・助けてくれる同僚もいなかった
今回ご紹介する動画は、生放送で笑いが止まらなくなった女子アナのもの。しかも一人でナレーションをしていたため、助けてくれる同僚もいなかったのだ! いったいどうして、笑いが止まらなくなってしまったのだろうか?

・競艇のレースを解説するシーン
放送事故が発生したのは、競艇のレースを解説するシーン。このレースは名称を一般募集したもので、「だいこんおろしの彼女募集記念レース」というレース名がつけられていた。

・笑いのツボに入ってしまった
女子アナはレース名と内容を解説していたのだが、「だいこんおろし」というネーミングや、だいこんおろしのプロフィールがあまりにも笑いのツボに入ってしまったため、笑いを止めることができなくなってしまったのだ。

・平静でいなければならない女子アナ
笑いが止まらず、声も出せず、無言のままのシーンもあった。どんなときも平静でいなければならない女子アナ。どんなにプロフェッショナルな人でも、我慢できないときがあるようだ。

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/05/09/warai-2/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

注目ニュースの新着記事一覧