【衝撃】グラビアアイドル全体の30%未満が「枕営業」をしている

枕営業と愛人契約はまったく別物と割り切り


futon

日夜バラエティー番組などで暴露合戦となっているグラビアアイドルの「枕営業」と「整形」事情。「私はしていないけれど、周りはしている」という決まり文句を盾に暴露しあうグラビアアイドルたち。実際のところはどうなのだろうか。

・グラビアアイドルの主張
バラエティーでよく見かけるのは「私は枕営業をしていません!」と主張するグラビアアイドルの姿。枕営業とは、仕事関係者に仕事をもらう見返りとして、体の関係をもつことである。

仕事関係者というのは、スポンサーであったり、お偉いさんであったり、プロデューサーであったりさまざまであるが、体の関係を持つ代わりに仕事をもらうという取引を枕営業と言う。

・仕事のために無茶しない!?
ここで一つポイントがある。仕事をもらうために、体の関係を持ったことのあるグラビアアイドルは全体の30%にも満たないのではないだろうか。

「芸能界で絶対成功してやる!」といった野心を持つグラビアアイドル以外は、仕事のためにそこまで無茶はしたくないと考えるようだし、もっともそんな話を持ちかけられることも無いだろう。

・これはグレーゾーンである
しかしグラビアイドルという肩書きを利用して、仕事のためではなく金銭のために、体の関係をもつ者は非常に多い。これはグレーゾーンである。見返りに仕事をもらうわけではないので、枕営業ではないが、愛人契約のようなものだ。

「私は枕営業をしていません!」と主張する者たちは、枕営業と愛人契約はまったく別物と、都合良くとらえているようだ。

・芸能界でのし上がるため権力者と交際
グラビアアイドルたちにとっては「枕営業」と「愛人関係」、さらには「恋人関係」の線引きは非常に曖昧である。芸能界でのし上がるために権力者と交際する、しかしそれは彼女たちにとって、枕営業では無い。そういった曖昧な要素を考えると、純粋な枕営業というもの自体は少ないのかもしれない。

しかし、周りからみると同どれも枕営業にみえる。グラビアイドルたちの「私はしていないけれど、周りはしている」という言い訳は、彼女たちにとっては真っ当な弁明なのかもしれない。

https://youtu.be/9qN9EF-6IcI

執筆: 鮫島龍人

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/05/26/makura/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

芸能ニュースの新着記事一覧