日本でここでしか食べられないレシミケバブ / インド料理店『チャミヤラキッチン』

今まで見たこともない不思議な白い物体


kababu02

レシミカバブ(3個)
1180円

インド料理のひとつにレシミカバブというもりがある。鶏肉をヨーグルトやカシューナッツ等で下ごしらえして焼いた料理で、タンドリーチキンよりもスパイスが控えめでマイルドなのが特徴。

・極めて珍しいインド料理
日本のインド料理店でもレシミケバブを食べることができるが、今回ご紹介するインド料理店『チャミヤラキッチン』のレシミケバブは、おそらくここでしか食べられない極めて珍しいインド料理である。

kababu01

kababu02

・まったくの別物
すでにレシミケバブを食べたことがある人は、そのイメージを「白くて柔らかい鶏肉料理」と思っているかもしれない。それは決して間違いではないが、『チャミヤラキッチン』のそれはまったくの別物だ。

・不思議な白い物体
目の前に出されるレシミケバブは、今まで見たこともない不思議な白い物体。雲のようで、綿のようで、とにかく謎の物体。雲の表面がうっすらと焼かれており、加熱処理された料理なのがわかる。

kababu03

kababu04

kababu05

・その感触はまさに綿
ナイフとフォークを「雲」に当ててみると、その感触はまさに綿。ほとんど抵抗することなくナイフが雲に入り、内部の鶏肉に当たって、ようやくこれが「鶏肉料理」であることに気がつく。

・ふわっとした食感で鶏肉にコク
つまり、ヨーグルトやカシューナッツ等で加熱調理した鶏肉をメレンゲ(?)のような食材で包み、改めて焼いて完成した料理のようだ。その味は非常に繊細で、鶏肉がマイルドな酸味を放つ。鶏肉を包む「雲」は存在がないほどふわっとした食感で、鶏肉にコクを与える。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/09/26/chamiyala-kitchen/

チャミヤラキッチン
住所: 東京都荒川区東尾久1-36-15
時間: 11:30~15:00 17:00~22:00
休日: 火曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13158058/

東京都荒川区東尾久1-36-15
Google Mapで開く
Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧