【激怒】視聴者ブチギレ『ブレンディ』CM動画大炎上 / 映像関係者「批判を受けてもプラス効果のほうが高い」


cm1

コーヒーブランドの『ブレンディ』のテレビコマーシャルの内容が、あまりにも不謹慎だと批判を受ける事態に発展している。数か月前に作られたコマーシャル動画だが、改めて注目されており、批判の的となっているのだ。

・立派な乳牛になるというストーリー
このコマーシャル動画の内容はシンプルで、牛を人間の女子高生に見立て、名前でなく番号で呼び、立派な乳牛になるというストーリー。問題視されている点をまとめると、以下のようなポイントとなる。

・問題視されている点
1. 人間を家畜のように扱っている
2. 人間を番号で呼んでいる
3. 巨乳の女子高生が乳牛になって喜んでいる
4. ダメな男子高生が食肉業者に送られる
5. 女子高生の巨乳をアピールするシーンがある 等

・怒っている人までいる状態
「批判するほどのものか? 日本人はユーモアもわからないのか?」という声もあるのは事実だが、多くの人たちが不快に感じ、なかには怒っている人までいる状態だ。以下は、テレビコマーシャルの製作会社にいる人物A氏の声である。

・CM映像関係者A氏の声
「おそらく、いや、確実に批判を受けることを理解してストーリーを企画したはずです。批判を受けてもプラスの効果のほうが高い場合もありますし、それも計算に入っているでしょう。ちなみに欧米では、こういうCMはむしろ受け入れられています。CMはCMと割り切って観ているんですよ。だからこそクリエイティブなCMが多いんです」

・その価値観は人それぞれ
皆さんは、このコマーシャル動画をどうお思いだろうか? ユニーク、ナンセンス、ブラックすぎる、いろんな意見があるとは思うが、その価値観は人それぞれだ。

https://youtu.be/rUWutkifbI0

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/10/04/ushi-2/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧