【炎上】日本人男性がネット生放送中に火事を起こす大事故! 着火から火事まで世界にネット配信

消火が間に合わずそのまま大火事に


net00

インターネット生放送をしつつオイルマッチ(着火器具)を使用していたところ、周囲のゴミや可燃物に引火し、最終的に大火事になる騒動が発生し、物議をかもしている。

・視聴者が火事になるまでの過程の目撃者
着火から大火事になるまでのようすがインターネット生放送で世界中に配信され、多くの視聴者が火事になるまでの過程の目撃者となった。事例としても、極めて稀な映像といえるだろう。

・タバコに火をつけるシーンをネット生放送
配信者の男性はパソコン(カメラ)の前に座り、オイルマッチと呼ばれている着火器具を使って、タバコに火をつけるシーンをインターネット生放送で配信。しかしそこで問題が発生した。

・本体部分が発火
オイルマッチを着火したところ、マッチ部分ではなく本体部分が発火してしまい、配信者は自分の左横に本体を落としてしまった。配信者はマッチ部分を右横にあるゴミ袋に捨て、左横の本体の消火にあたった。

・配信者は左側の本体の消火に専念
しかしそれが大きな間違いだった。ゴミ袋に捨てたマッチの火が消えておらずゴミに引火し、激しく燃えはじめたのだ! しかし配信者は左側の本体の消火に専念していたため、右側のゴミ袋の発火に気がつかず。

・消火が間に合わずそのまま大火事に
配信者がゴミ袋の発火に気がついたときにはすでに手遅れ。激しく燃えるゴミ袋を手に持って部屋の隅に移動させるが、逆に他の可燃物に燃え移り、部屋自体が燃えだす事態に発展。配信者は鍋で水をかけるが消火が間に合わず、そのまま大火事になってしまった。

net01

net02

net03

net04

net05

net06

net07

net08

net00

net09

・少し手際よく消火にあたれば……
そのようすの一部始終はインターネット生放送で配信され、最終的にパソコンが火事の熱で破壊されるまで映像を全世界に配信し続けた。そもそも安全を考えずに火を扱ったのが大きな間違いなのだが、もう少し手際よく消火にあたれば、大きな火事にはならなかったのではないだろうか?

・火の取り扱いには十分注意しよう
この火事の騒動は全国に拡散し、大きな話題となった。皆さんも、火の取り扱いには十分注意しよう。自分の命だけでなく、家族や他人の命まで奪ってしまうことがある。それを念頭に置き、火を扱おう。

https://youtu.be/c_orOT3Prwg

【続報】
ネット生放送で家を火事にした日本人男性が世界デビュー! 海外テレビ番組で馬鹿にされる

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/10/05/oil-match-fire/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧