【激怒】ミニストップのソフトクリームを絶賛する彼氏に彼女がブチギレ「女性の尊厳を馬鹿にされた」

修復されぬまま10月10日に破局


ministop2

これから執筆することは、すべて事実である。出版社勤務で雑誌のページデザインを手がけている高倉晶馬さん(27歳)が、交際中の彼女に激怒され、破局していたことが判明した。高倉さんは大のスイーツ好きで、どこに行っても必ずスイーツの美味しい店をチェックし、食べているという。

・『ミニストップ』のソフトクリームを溺愛
そんな高倉さんが絶賛しているのが、コンビニエンスストア『ミニストップ』のソフトクリーム(220円)だ。「いろんなソフトクリームの美味しい店で食べてきましたが、何度食べても飽きない最高のソフトクリームはミニストップのものでした」と絶賛するほど、高倉さんは『ミニストップ』のソフトクリームを溺愛している。

・『ミニストップ』のソフトクリームを家に持ち帰った
2015年10月上旬、高倉さんの彼女が「美味しいソフトクリームがたべたぁい♪」言うので『ミニストップ』のソフトクリームを家に持ち帰ったところ、彼女が激怒。

・そんな安上がりな女じゃねーんだよタコ野郎!
「コンビニのソフトクリームなんかで済ませようとして、本当に釣った魚にはエサをやらないなお前! そんな安上がりな女じゃねーんだよタコ野郎! 女性の尊厳を馬鹿にされた気分だわ!」と、激しく強い口調で激怒し、彼氏を数日間責めまくったという。

ministop1

ministop3

・かなりショックを受けた
高倉さんは自分が最高に美味しいと思ったソフトクリームを彼女に食べさせたかっただけなのに、思わぬところで彼女を傷つけてしまったわけだ。高倉さんは彼女と同棲しており、いつも「おしおき棒」と名づけられた1メートルほどの木製の定規で、彼女に不快な思いをさせるたびに尻を叩かれていたという。1回ミスをすると、3回尻を叩かれ、叩かれるたびに「ファーノ!」と声を出すのがルール。

ちなみに「ファーノ!」とは、彼女が自分で作った言語で「偉大なる皇女の免罪符」という意味があるという。ことあるごとにペシペシと尻を叩かれていた高倉さんだが、DVとまではいかないにしても、今回は風呂上りに規定以上の回数を叩かれたため、かなりショックを受けたという。

・修復されぬまま10月10日に破局
釈然としないながらも、高倉さんは後日のデートで、「世界一美味しいソフトクリーム」と世間で話題のクレミアを彼女にご馳走したが、「美味しいけど、どうせミニストップが一番だとか思ってるんでしょ」と彼女に言われ、さすがの高倉さんもブチギレ。結局は修復されぬまま10月10日に破局し、別れたという。

・他人の好き嫌いを認めよう
どんな料理にもいえることだが、美味しいかどうかは、値段やブランドが決めるものではない。どこの何だって、それを一番美味しいと思う人がいて当然であり、むしろ『ミニストップ』のソフトクリームは世間でも定評のあるスイーツである。他人の好き嫌いを認められなくては、よい恋愛などできないのではないだろうか?

【続報】
ミニストップのソフトクリームは朝6時に買うと激しくウマイことが判明! 元店員も認める味

https://youtu.be/GXQLbwTa-H0

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/10/12/softcream/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

注目ニュースの新着記事一覧