【必見】日本経済新聞の記事をラッパーが書いてると話題に / 読者「完全にラッパーだわ」

マスコミ業界にラッパーが進出か


nikkei2

日本経済新聞の記事をラッパーが書いているのではないかと、インターネット上で大きな話題となっている。注目されているのは、日本経済新聞電子版の2015年12月4日の記事。

・あまりにもラッパーっぽい
内容はパソコン業界の経済状況が良くないというもので、その記事のタイトルが、あまりにもラッパーっぽいというのだ。ラッパーのラップのように韻を踏んだタイトルに!? その記事のタイトルは以下のとおり。

・記事タイトル
「パソコン苦境、見えぬ展望 東芝・富士通・VAIO統合」

・音で読みやすい言葉を選ぶ
確かに、ラッパーのラップっぽく言うことができるタイトルだ。もしこれをラッパー的に意図して書いたのであれば、なかなかの記者である。しかし、記者やライターは読者に読みやすいタイトルを考えるもので、音で読みやすい言葉を選ぶことも多々ある。そう考えると、意図的の可能性も捨てきれない。

・ラッパーたちがマスコミに進出!?
インターネット上で人気のあるラッパーといえば、「ラッパーのTOPさん」だ。もしかすると、インターネットやマスコミ業界にラッパーたちがジワジワと入り込んできているのかもしれない。

https://youtu.be/_bqokzaAdnY

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/12/13/nikkei-com/

Via: 日本経済新聞

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧