【激ウマ】創業から60年の歴史ある焼肉店 / 特上カルビ級のカルビを1080円で食べられる「大門」

心がホッコリする気持ち


daimon-ueno-01

カルビ
1080円

「いやはや驚いた。これはカルビじゃなくて特上カルビじゃないか」と、焼肉マニアを唸らせるほど高級かつリーズナブルな焼肉店がある。創業から60年以上の歴史を持つ東京上野の老舗「大門」だ。

・心がホッコリする気持ち
ガスと金網で焼くタイプで、ほどけたセーターの毛糸のようにいびつな曲がり方をした年季ある金網が、目視だけで「絶対に美味しい焼肉屋だ」と確信させる。おばちゃんが2名でせっせと接客をしており、まるで実家に帰ってきたかのような、はたまた、故郷の馴染みの店で食べているような、心がホッコリする気持ちになる。

・普通のカルビなのに特上カルビ級
酒が飲めない人のためにウーロン茶が220円と激安で、ドリンクで儲けようとしてないのも好感が持てる。とりあえずここで食べておきたいのがカルビである。上カルビもあるが、とりあえずは普通のカルビを注文しよう。なぜなら、普通のカルビなのに特上カルビ級だからである。

daimon-ueno-08

daimon-ueno-05

daimon-ueno-03

daimon-ueno-02

daimon-ueno-04

daimon-ueno-06

daimon-ueno-07

daimon-ueno-01

daimon-ueno-09

・純白に染まったカルビ
鉄皿に盛られてやってきたカルビは、間違えて特上カルビを注文したんじゃないかと勘違いするほどの「霜降り」。純白に染まったカルビが、あまりにも眩しすぎて直視できないほどである(言い過ぎかもしれないがそれだけ衝撃的)。

・焼けると香ばしさが増幅
カルビはサッと焼くだけで食べられるものの、ここのカルビは普通にしっかり焼いて、ご飯に乗せて食べたいところ。牛脂が上質なため、焼けると香ばしさが増幅し、今までにない旨味と化すのだ。

・旨味の埋蔵量が尋常ではない
カルビを堪能した後はホルモンを堪能しよう。カルビと同様に上質な脂のため、旨味の埋蔵量が尋常ではない。ちなみに、この店の周囲は焼肉屋街となっており、いくつもの老舗が立ち並んでいる。大門のほかにも「京城苑」などの名店があるので、ハシゴしてみるのもアリである。

焼肉大門
住所: 東京都台東区東上野2-15-6
時間: 11:00~25:00
休日: 1月1~2日
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13047885/

東京都台東区東上野2-15-6
Google Mapで開く
Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧