【衝撃】ベッキー不倫騒動に助言! 副編集長が推奨する浮気ケータイ「不倫するなら富士通ケータイに限る」

「浮気ケータイ」の異名をとるほどに鉄壁のセキュリティ機能


becky001

プレジデントオンラインやプレジデントウーマンオンラインの副編集長として活躍している吉岡綾乃さんは、かつて「Business Media 誠」の初代編集長として活躍した経歴を持つ、才色兼備な人物だ。そんな彼女がベッキーと川谷絵音の不倫騒動に対して言及し、アドバイスを書き込みしている。

・世間を騒がしたベッキー不倫騒動
ベッキーの不倫といえば、人気雑誌「週刊文春」が二人のLINE画像とツーショット写真を掲載し、ラブラブっぷりを報じ、大きな話題となっている騒動。そんな「不倫」という出来事に対して、彼女はどんな助言を書き込みしているのか? 以下は、彼女がTwitterに書いた助言である。

・吉岡副編集長のコメント
「しかし、ゲス×ベッキーの騒ぎを見ていて思うのは、なぜ川谷氏はARROWSを使わなかったのかということに尽きる…タレントはもっと情報漏洩に気をつけるべき。不倫するなら富士通ケータイに限ると昔から相場が決まっているのに」(引用ここまで)

・ケータイは妻や彼女に見られている!?
吉岡副編集長は過去に富士通ケータイ「ARROWS」の記事を執筆したことがあり、そのセキュリティの高さを紹介。「男性が思っているよりも、あなたの携帯電話は妻や彼女に見られている(多分)。余計な修羅場を味わいたくない方は、そのあたりの対策をしっかりしておいたほうがいい、と思います」と前置きし、「ARROWS」の鉄壁ともいえるセキュリティの高さを紹介している。

・吉岡副編集長の記事の内容
1. 6割以上の妻が内緒で夫の携帯電話を見たことがある
2. 悪気なく彼氏の携帯電話を見ている女の子
3. 携帯を見られたら非常にマズイという男性にオススメなのがARROWS
4.「浮気ケータイ」の異名をとるほどに鉄壁の富士通製Fケータイ
5. ARROWSはFケータイの鉄壁のセキュリティ機能を継承
6. Facebook、mixi、LINEの画面を見られて浮気発覚パターン急増中
7. 写真は動かぬ証拠になりやすいがアプリごとにロック可能
8. 隠していることを人に気付かれないように、特定の情報だけを隠せる機能アリ
9. サイトを閲覧しても履歴に残らない

・隠し事はないように生活したい
吉岡副編集長は女性でありながら、男性の立場に立ったこの記事、非常に興味深い内容になっている。いや、女性だからこそ、こういうポイントに気が付きやすいのかもしれない。とにかく、不倫や浮気はするべきではないので、そもそも隠し事はないように生活したいものである。

https://youtu.be/xdAwOdqYQRY

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/01/13/becky-furin-line-2/

Via: ITmedia ビジネスオンライン

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

芸能ニュースの新着記事一覧