【衝撃】SMAP解散騒動で衝撃的なスクープ! 密かに中居正広がキムタクに救難信号を送っていた!?

キムタクに伝えたかった思い


smap

SMAP解散のニュースは、日本のみならず海外でも大きな話題となり報じられている。その内容を簡単に説明すれば、ジャニーズ事務所には木村拓哉が残り、中居正広、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の4人が独立して芸能活動をするというもの。この解散と独立騒動は、SMAP全員の年収にも大きく影響するだろう。

・4人が戸惑っている
キムタクを除く4人は、今までSMAPを育ててくれたマネージャーの退職に際し、自分たちも一緒にジャニーズ事務所を辞めるという流れを計画していたという。しかしこの「マネージャーとともに独立」という計画が頓挫しつつあり、4人が戸惑っているという。特に中居正広はリーダーとして、この状態を何とか打破したいと考えているらしい。

・密かに救難信号を送っていた
そんなSMAP解散騒動で、信じられない驚愕の事実が判明した。SMAPのリーダーであり兄貴的な存在の中居正広が、キムタクやファンに対して、密かに救難信号を送っていたという説が浮上している。

・CMというかたちで発信
中居正広の救難信号は、ジャニーズ事務所にばれないよう、CMというかたちで発信。ゲーム「アイドルマスター」のCMを通じて、間接的にキムタクやファンに救難信号を出していたのである。

・アイドルはやめらんない!
「アイドルマスター」のCMの内容は、中居正広が抜群の歌唱力でコンサートを盛り上げ、「アイドルはやめらんない!」「アイドルは超楽しい!」とコメントを出すというもの。まさにその「アイドルはやめらんない!」こそが、中居正広からキムタクへの救難信号だったしらしいのだ!!

smap11

smap12

・自虐的とも取れる広告はおかしい
SMAP解散問題は、2015年の早い段階からささやかれていたという。そしてこのCMがお披露目されたのは2015年末。よって、このナーバスでシビアな時期に、「アイドルはやめらんない!」などという自虐的とも取れるCMを出すのはおかしい。しかしそれを救難信号として考えれば、このCMに秘められた意味が理解できる。

・SMAPとして活躍していきたい気持ち
この「アイドルはやめらんない!」「アイドルは超楽しい!」というコメントに秘められた意味は、まさにSMAP存続。独立派の中居正広は、ストレートにジャニーズ事務所やキムタクに言えない立場。しかしSMAPとして活躍していきたい気持ちは失せておらず、それをキムタクに伝えたかったのだろう。

・アイドルはやめらんない!
その救難信号はテレビやインターネットだけでなく、JR原宿駅や主要駅に大々的に張り出され、無事、キムタクに届いたという。その後キムタクはジャニーズ事務所の幹部と話し合いの場を持ち、SMAP解散の危機から脱しようとしている。たとえSMAP解散騒動の最中だとしても、中居正広はSMAPのリーダーなのだ。

https://youtu.be/gzZTgpcRZ9I

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/01/18/smap-kaisan-help/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

芸能ニュースの新着記事一覧