【犯罪】ベッキー不倫LINE流出で不正アクセス禁止法違反で犯人逮捕か / サイバー警察が捜査中と判明

刑事事件でサイバー警察が動いている?


becky-kawatani-0138

【続報】
不倫騒動のベッキーを伊集院が応援「一度や二度失敗しても平然と復帰する世界だから頑張れ」

ベッキーと川谷絵音の不倫騒動で、驚くべきニュースが飛び込んできた。週刊文春に掲載された、ベッキーと川谷絵音の不倫LINEメッセージについて、サイバー警察が捜査をしていることが判明したのだ。

・サイバー警察が動いている!!
LINEメッセージの流出経路をサイバー警察が捜査しており、川谷絵音のスマホからどうしてLINEメッセージが流出したのか、追及しているという。

・信憑性はかなり高い
この情報は、フリーアナウンサーであり、誠実な人物として信頼のある人物、長谷川豊氏が自身の公式ブログで伝えた情報。よって信憑性はかなり高く、長谷川豊氏は「すでにサイバー警察が動いています」と断定している。

・「被害者は誰なのか」という点
もしこの騒動が事件になるのであれば、犯人は、不正アクセス禁止法違反となる可能性が高い。この違反でよく勘違いされるのは、「被害者は誰なのか」という点。シンプルに考えれば、川谷絵音のスマホからLINEメッセージが流出したのだから、被害者は川谷絵音だと思われがちだが、実は違う。

・LINE株式会社が被害届?
不正アクセス禁止法違反の被害者はサービスを提供している会社(またはサーバー管理会社)が被害者であり、今回のケースでいえば、被害者はLINEを運営しているLINE株式会社ということになる。推測だが、LINE株式会社が被害届を出したのかもしれない。

・インターネット上の声
「サイバー警察頑張れ!!!!! ベッキー戻ってきて」
「ゲスもベッキーもどうでもいいので早く不正アクセス犯を捕まえろ」
「嫁がLINE見て証拠を取ってそれをリークしてもアウトか?」
「サイバー警察が仮に動いてたとして なぜお前が知ってるんだ」
「刑事事件? ゲス谷のオクサンが一番悪いだと? ばっかじゃない」
「川谷さんのLINEが何故漏れたかサイバー警察が動いてるのか」
「全員アウトなんだよなぁ」

・クローンiPhoneを使ったのは誰だ!?
ちなみに、長谷川豊氏はLINEメッセージの流出手段は「クローンiPhone」だと断言している。多くのジャーナリストやIT関係者も「クローンiPhone」や「アナライザー」が流出の原因と判断しているようだ。

【続報】
ついに週刊文春のベッキー不倫情報ネタ切れ / 関係者「ベッキーさん安心してください。載りませんよ」

https://youtu.be/9ia1KgywUio

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/02/01/becky-furin-line-fusei/

長谷川豊氏の公式ブログ

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

芸能ニュースの新着記事一覧