【大激怒】ベッキー不倫騒動で週刊文春がブチギレ激怒 / 元フジテレビアナの捏造発言が原因

文春の情報収集能力と正確性は凄まじい


kawatani1

【続報】
ベッキーは不倫を世間に謝罪したがってる事が判明! しかし事務所が「ベッキー謝罪」完全拒否

美人タレントのベッキーと、人気バンド「ゲスの極み乙女」の川谷絵音が不倫関係にあり、そのスクープを人気雑誌「週刊文春」が報じた騒動で、新たな展開があった。2016年2月5日、ベッキーが公式に「休業宣言」をし、ライバル事務所によるベッキーいじめが発覚したばかりだが、その裏で週刊文春が大激怒しているのである。

・「捏造である」と断言
元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が、自身の公式ブログで、週刊文春のベッキー不倫記事の一部に対し「捏造」と発言。週刊文春に掲載されたベッキーの言葉「友達で押し通す予定!(笑)」は、実際には存在せず、捏造だと思うと報じたのだ。

・長谷川豊氏にブチギレ激怒
その事実を知った週刊文春のデスクが、長谷川豊氏にブチギレ激怒。烈火のごとくガチギレしているらしく、長谷川豊氏に週刊文春の記者から「長谷川さん、デスクが…ちょっとやばいです。かなり怒っています!」と連絡があったそうだ。

・文春の情報収集能力と正確性は凄まじい
正直なところ、週刊文春は多くの人たちに嫌われている。芸能人はもちろんのこと、一般人にも「ひどいマスコミ」として批判されることもある。しかし、それとは別に「正確かつ信頼できる情報を提供するマスコミ」としても定評があり、その部分に関しては、編集部の能力を認めざるを得ない。情報収集能力と正確性において、かなりのプロ集団といえるのだ。

・「信用できない」などの声
よって、世間からも「また長谷川豊が適当なこと言っている」「信用できない」などの声が出ていたのだが、事実として、捏造疑惑を週刊文春は完全に否定。確かにベッキーと川谷絵音との間に「友達で押し通す予定!(笑)」というメッセージは存在するという。

・長谷川豊氏の意欲的な取材
以前から批判されることが多い長谷川豊氏だったが、今回の一件でさらに信用を落とすことになってしまった。しかし、長谷川豊氏の意欲的な取材は情報として面白い部分もあり、漫画雑誌を読むような感覚で楽しんで読めば、怒りもわかずに楽しめるかもしれない。

ちなみに、ベッキーに対する世間の批判は強まる一方であり、彼女が引退するまで世間からバッシングは続くと思われる。しかし休業宣言をしたため、世間のバッシングは弱まるかもしれない。

【続報】
ベッキーは不倫を世間に謝罪したがってる事が判明! しかし事務所が「ベッキー謝罪」完全拒否

https://youtu.be/-J5LXY7ZxoE

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/02/05/becky-furin-kawatani-2/

長谷川豊

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

芸能ニュースの新着記事一覧