【衝撃】元少年Aのプライバシー完全終了! 文春に掲載される顔写真は計4枚 / 街で見ればすぐわかるレベルの鮮明写真

日本生活が難しくなるのは確実


bunsun3

1997年に発生した、神戸連続児童殺傷事件。児童2名が死亡し、3名が重軽傷を負うという、信じられない事件である。その犯人として逮捕されたのは、当時中学生だった元少年A(酒鬼薔薇聖斗)。その元少年Aの現在の顔写真が、人気雑誌「週刊文春」(2016年2月18日発売)に掲載されることが判明し、物議をかもしているが、この件について続報が入ってきた。

・全身の鮮明写真
報道関係者によると、「週刊文春」に掲載される元少年Aの写真は合計4枚。そのうち2枚は非常に鮮明に元少年Aの顔をとらえており、なかでも1枚は全身の鮮明写真で、1ページまるまるグラビアのように大きく掲載しているという。以下は報道関係者のコメントである。

・報道関係者のコメント
「最新の週刊文春ですが、元少年Aのプライバシーが完全に終了するレベルの全身写真の掲載が確定しています。顔だけでなく身体的特徴も世間に知られてしまいますから、街ですれ違ったり、電車で隣に座っていれば、すぐにわかってしまうでしょう。写真に目線が入っていたとしてもです。アマゾンがあれば引きこもっていられる時代ですが、今回の文春の報道によって、彼が日本で生活するのが難しくなるのは確実です」

「元少年Aは法的に罪を償い、現在は一般人として生活しています。ですから本来は彼のプライバシーは守られるべきなのですが、普通に生活していればよいのに、なぜか手記「絶歌」を出版してしまった。たとえ彼が一般人でプライバシーが守られるべきだとしても、世間がどれだけ彼の味方をするのか。文春は世間を味方につけたやり方をしていると言えるでしょう」

・どのような日常を送るのか
法のもとでプライバシーは守られるべきだが、別の解釈としては「手記を書いた作家」「大事を起こした人物」としてみる解釈もあるようだ。世間を震撼させる出来事を起こし、さらに手記で物議をかもし、すでに純粋な一般人ではないと解釈もできるという(とはいえプライバシーは守られるべきだが)。今後、彼はどのような日常を送るのだろうか。日本中が元少年Aに注目している。

・元少年Aの写真掲載に影響か
文春の記者は、元少年Aに突撃取材をした際、身の危険を感じるほど恐ろしい威嚇(いかく)をされ、最終的に追いかけられ、1キロも逃げ回ったという。このときの恐ろしい対応も、元少年Aの写真掲載に影響しているのかもしれない。

【続報】
元少年Aが住んでいた場所が「東京都足立区花畑」と判明 / 住所など詳細を公開

https://youtu.be/YyacCXrsFZc

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/02/17/bunsun-sakakibara/

週刊文春

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧