【衝撃】野球をガチでディスってる漫画「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」と千葉ロッテマリーンズがコラボ決定

主人公「ヤンキー集団じゃねーか!」


marines

人気漫画「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」と、プロ野球チームの千葉ロッテマリーンズがコラボレーションすることが判明。漫画のファンは歓喜しているが、野球ファンは「?」な状態となり、いろんな意味で大きな注目を集めている。

・モテない腐女子の女子高生が主人公
「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」は、モテない腐女子の女子高生がモテようと奮闘する物語で、痛々しい努力と失敗が非常に面白い作品。なぜ突然に千葉ロッテマリーンズとコラボするのかは不明だが、実はこの漫画、野球をディスっている作品としても知られている。以下は、作中で主人公がコメントしたセリフである。

・主人公のコメント
「だいたい野球だけ応援するのがまずおかしいんだよな…。他の部だって頑張ってるのに特別扱いして。高校球児イコール純粋に頑張ってるみたいなさ。そんなことないからな! ネットで見たけどプロ野球選手って異常な程タバコ吸ってんの多いんだろ? ってことはだいたい高校生から吸ってるはずだから、あそこにいる奴も吸ってるし、甲子園に出場してる奴らも吸ってるに決まっている。野球部なんて基本威張ってる奴ばかりだし、まゆ毛細くしてるし、タバコ吸ってるし、ヤンキー集団じゃねーか! そんなヤンキー共をありがたがってみんなで応援とか……。バッカじゃねーの!!」

・何かミラクルな展開が生まれるかも!?
……などなど、確かにガチで野球をディスっているのがわかる。どうして千葉ロッテマリーンズとコラボするのかは不明だが、野球をディスっているからこそ、何かミラクルな展開が生まれるかもしれない。そこで今回、無類の千葉ロッテマリーンズマニアの漫画家、ピョコタン先生に千葉ロッテマリーンズの状況をコメントしてもらった。

・ピョコタン先生のコメント
「今江、クルーズと内野手のレギュラー2人が出ていってやばいんじゃないかという話もあるけど、そこに誰が入ってもおかしくない状況は逆に熱い! 特にドラフト1位の高卒ルーキー平沢大河と2年目の中村奨吾にとっては人生最大のチャンスなんじゃないの? ここでしっかり結果を残せるのが真のスター選手だ!がんばってほしい! あとは押切もえと交際宣言したエース涌井もしっかり結果を残さないといろいろ言われるんで、彼女のためにも今年も最多勝を取ってほしい。そんでオフに結婚すれば文句なしだ」

marines1

https://youtu.be/fZ-CM7n3F5c

もっと詳しく読む: バズプラスニュース buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/02/18/marines/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

漫画の新着記事一覧