【衝撃】人気雑誌がカレー屋ココイチを猛烈批判「高くてまずい」「コスパ最悪」「どうして潰れないのか意味不明」

8ページの特集として掲載


cocoichi-bunka

人気雑誌が大々的に「カレーハウスCoCo壱番屋」(以下 ココイチ)の特集を掲載し、物議をかもしている。その特集の内容が、ココイチを猛烈に批判する内容だからである。誌面にはハッキリと「高くてまずい」「コスパ最悪」「どうして潰れないのか意味不明」と書かれている。

・8ページの特集として掲載
そんなココイチの批判記事を掲載しているのは、人気雑誌「実話BUNKAタブー」(コアマガジン)。8ページも紙面を割いてココイチを批判する特集を掲載。そこには、以下のような文が掲載されている。

・記者のコメント(一部引用)
「保存食臭」
「高いしまずい」
「コスパ最悪なココイチ」
「高くてまずくて、どうして潰れないのか意味不明すぎる」
「油焼けした貧乏人ソーセージ」
「安くても食べたくない味なのにすごく高い」
「うま味はないのに臭みはあります」
「カラオケ屋で食べたことある感」
「100円ショップの練り物っぽい」
「企業理念を問いたい」

okawari3

・食感も最悪キモキモ
特にフライなどの具に不快感を感じているようで「体積の半分以上がコロモ」や「まるで駄菓子のビッグカツ」ともコメントしている記者。いちばんまずかったというキノコカレーに対しては「劣悪きのこ」「食感も最悪キモキモでした」と痛烈に批判している。

・興味がある人は読んでみよう
内容は厳しい批判となっているが、記者がしっかりほぼすべてのココイチメニューを食べて感想を書いたものであり、そのあたりは評価すべきである。今回のココイチ特集は、現在発売中の「実話BUNKAタブー」(2016年4月号)に掲載されている。カレー好きならば気になる内容になっているので、興味がある人は読んでみるといいかもしれない。

・ゴーゴーカレーのニオイも批判
そういえば「実話BUNKAタブー」の記者は、ゴーゴーカレーのニオイも「高田馬場で最も嫌いなニオイ」と公式Twitterで痛烈に批判していた。かなりカレーにこだわりを持つ記者なのかもしれない。それならば、「実話BUNKAタブー」が認めるカレー屋はどこなのか? そのあたりも気になるところ。

・少しだけならおかわり無料
ちなみに、ココイチはカレーのおかわりが「少しだけなら無料」である。しっかりおかわりがほしい場合は103円が必要だ。

https://youtu.be/qx_3hS0_g-Q

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/03/01/cocoichi-bunka/

実話BUNKAタブー公式Twitter

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧