【衝撃】ベッキー不倫騒動で「週刊文春」が3週連続完売! ベッキー違約金4億円! 文春は8億4千万円の恩恵でウハウハ

スクープ王として王者の座は揺るがない


bunsun

2016年1月に人気雑誌「週刊文春」が報じた、ベッキーと川谷絵音の不倫騒動。いま現在も不明点が多い騒動となっているが、すべては流出したLINEメッセージを報じた週刊文春のスクープから始まった。ベッキーのファンでなかったとしても、嫌でも耳に入ってくるニュースとなっている。

・週刊文春が3週連続で完売
そんなスクープを報じた週刊文春が、3週連続で完売していることが判明した。これは作家の林真理子先生が自身のコラムで暴露したもの。今回の騒動で雑誌業界全体が活性化したため、ライバル雑誌「週刊新潮」も好調に売れているというから驚きだ。

・ベッキー違約金の支払いが4億円
2015年12月の時点で、週刊文春の発行部数は65~70万部といわれている。価格は400円だ。それが3週連続で完売したということは、おおざっぱに計算して、書店やコンビニなどに8億4千万円の恩恵をもたらしたことになる。その裏で、ベッキーはスポンサーに対する違約金の支払いが4~10億円と言われている。

・王者の座は揺るがない
ベッキーと川谷絵音にとって、人生が大きく狂う出来事となった、週刊文春のスクープ記事。ここ最近は「神戸連続児童殺傷事件の元少年Aの現在の素顔」を掲載し、さらに大きな注目を集めた週刊文春。今後もスクープ王として、王者の座は揺るがないだろう。

https://youtu.be/9ia1KgywUio

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/03/03/becky-bunsun-uhauha/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

芸能ニュースの新着記事一覧