【悲報】小保方晴子さんの「STAP細胞の作り方」が書かれたサイト / 早くも消滅する

研究には大がかりな設備と資金が必要


obokataharuko

独立行政法人理化学研究所の元研究員として、STAP細胞の研究に取り組んできた小保方晴子さんが、突如として自身の公式サイト「STAP HOPE PAGE」を開設し、大きな話題となっている。現時点では本人が開設したサイトだと断定されたわけではないが、小保方さんのサイトとしてマスコミが報じたことにより、世界中が注目している。

・「サイトが消滅した」と言っても過言ではない
そんな小保方さんのサイトが、突如としてアクセスできない状態になった。アクセスが集中した場合のエラーとは異なり、そもそもサイトにデータがない状態になっていることから、「サイトが消滅した」と言っても過言ではない状態である。とはいえ、まだドメインは保持されたままなので、URL自体が消えてなくなったわけではない。

・サイトを作るのも理解できる
このサイトに書かている内容を実践すれば、STAP細胞ができるはず。もしこのサイトが本物であれば、小保方さんは今現在も、STAP細胞の存在を信じ、「再現」できるとも信じているのだろう。研究には大がかりな設備と資金が必要だ。そう考えれば、どこかの研究所が「STAP HOPE PAGE」を読み、STAP細胞を再現してくれるかもしれない。そう思って小保方さんがサイトを作るのも理解できるというもの。

・信憑性も怪しくなってきた
しかし、重ねて言うがこのサイトはまだ小保方さんが作ったとは確定していない。誰かが小保方さんになりすましてサイトを作った可能性もあり、現時点では100%信じられるサイトとは言えない。しかもサイトが消滅してしまったので、信憑性も怪しくなってきた。

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz Plus http://buzz-plus.com/article/2016/03/31/obokataharuko/

STAP HOPE PAGE

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧