【衝撃】ベッキー不倫騒動でカンニング竹山が週刊文春に独占インタビュー掲載 / ブチギレ激怒「週刊文春は図に乗ってんじゃねえ!」

元妻の怒りを鎮めることに注力


bunsun

国際的女優のベッキーと、人気バンド「ゲスの極み乙女」のイケメンボーカル川谷絵音が不倫関係にあった騒動で、新たな進展があった。最新の「週刊文春」(2016年5月19日発売)に、川谷絵音の元妻の独占インタビュー第二弾が掲載され、「ベッキーに猛烈に抗議」していることが判明。芸能界を大きく揺るがしている。

・ベッキーと同じサンミュージック所属
実はさらに、週刊文春の同号にカンニング竹山が独占インタビューを掲載し、ベッキーと川谷絵音の不倫騒動に言及。「週刊文春は図に乗ってんじゃねえ!」と週刊文春にブチギレ激怒しているというのだ。カンニング竹山といえば、ベッキーと同じサンミュージック所属のお笑い芸人である。以下は、マスコミ関係者のコメントだ。

・マスコミ関係者のコメント
「確かに、最新の週刊文春に竹山さんのインタビュー記事が掲載されます。そこで竹山さんは「週刊文春は図に乗ってんじゃねえ!」とブチギレ激怒しつつも「俺だけは週刊文春の味方だから!」と発言しています。さらに「ベッキーのいい話を書いてあげて」とも発言しているそうです。そこから読み取れる真意はふたつ。ひとつは、週刊文春を敵にまわしても得がないということ。もうひとつは、週刊文春とサンミュージックが組んで収束に向かわせようとしているということ。どちらにしても週刊文春にとってはオイシイ話ですけどね」

・実は人情と優しさの塊のような人物
カンニング竹山といえば、すぐにブチギレ激怒する「キレ芸」が有名な芸人だが、実は人情と優しさの塊のような人物で、多くの人たちから慕われているカリスマ性のある人物だ。今後、ベッキーのためにカンニング竹山のコメントやインタビューが週刊文春に頻繁に掲載されるようになるかもしれない。

・元妻の怒りを鎮めることに注力
しかし、川谷絵音の元妻が傷つき、ブチギレ激怒しているのは事実。ベッキーと川谷絵音の不倫は、元妻に「拷問のような日々」を味わわせてきたのだから、激怒しても当然と言えるかもしれない。ベッキーは今後、元妻の怒りを鎮めることに注力したほうが良いのではないだろうか。ちなみに、川谷絵音は責任を取って「ゲスの極み乙女」の原盤権をサンミュージックに譲渡したという情報も出ている。

【続報】
【炎上】ベッキー不倫騒動で最悪の時系列が判明 / 川谷絵音の元妻への謝罪日決定 → 謝罪より先に復帰番組の収録ねじ込む → 元妻ブチギレ激怒

もっと詳しく読む: バズプラスニュース buzz Plus http://buzz-plus.com/article/2016/05/18/becky-furin-takeyama/

週刊文春

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

芸能ニュースの新着記事一覧