【炎上】舛添要一東京都知事の親族ブチギレ激怒 / 認知症の母を宣伝に利用! ウソを書いた介護本に国民が騙されベストセラー

ほとんど介護していなかった


masuzoe1

舛添要一東京都知事が政治資金を私的に使用していた疑惑で、愛人関係や、私生活の実態が次々と暴かれている。そんななか、新たな実情が判明し、物議をかもしている。舛添要一と母親の新事実である。

・舛添要一の親族から激白
舛添要一は、母親との熱い絆と介護について、複数の本を出版し、どれも感動的な内容でベストセラーとなっている。この本を読めば、舛添要一がどれだけ母親を愛し、「自分の時間」を捨てて介護に没入しているかが理解できる。しかし、その内容を否定するかのような情報が舛添要一の親族から激白されたのである。詳細は最新の「週刊文春」(2016年6月2日発売)に掲載されるらしいが、いったいどんな激白内容だったのか?

・認知症の母親を自分アピールに利用
舛添要一は「私の政治家の原点は母の介護経験です」と断言し、厚労大臣に就任した彼だが、ほとんど介護していなかったというのだ。舛添要一の母親は認知症で入院していた事があるのだが、稀に会いに来たとしても1時間程度で帰ってしまうのだという。またカメラマンやテレビ局関係者をゾロゾロと連れてきて、車椅子に座らせた母親とのシーンを撮らせ、終わったらサッと帰る。そんなことばかりしていたという。

・介護よりも美術館のほうが大事
実質、母親を介護していたのは舛添要一の姉。病院関係者も、母と同室だった患者も、施設で舛添要一を見る事は稀だと証言。ほとんどの介護を姉側がやっていたという。しかし、政治家として介護を大切に思うイメージは大切だったのだろう。介護よりも美術館に足しげく通っておきながら、出す本は「母と子は必ずわかり合える遠距離介護5年間の真実」「遠距離介護五年間の真実」「母にオムツをあてるとき―介護・闘いの日々」などの介護本。矛盾だらけである。

masuzoe2

・オムツをあてていたことがない
いちばんの驚きが、「母に襁褓(オシメ)をあてるとき―介護・闘いの日々」という本である。そんな本を書いておきながら、一度たりともオシメをあてていたことがないというのだ。これは介護施設の理事長が断言しているもので、どうすればそんなウソタイトルで本を書けるのか、理解に苦しむ。

詳しくは最新の週刊文春をチェックするといいだろう。そこには、舛添要一の真実が語られている。まだまだ、国民が知らない「舛添要一の秘密」が出てきそうである。

もっと詳しく読む: 舛添要一が「認知症の実母」を利用(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/06/01/masuzoe-tochiji/

週刊文春

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧