【大炎上】ソフトバンク利用者が高額請求で悲鳴 / 無料プランが突然終了し高額請求へ

通話もデータ通信も有料に


sb

複数のソフトバンクモバイル利用者に高額請求が発生し、インターネット上で大炎上している。2014年からスタートした申し込み不要の無料プランがあったのだが、7月1日に「申し込み不要」が突然終了。改めて申し込みをしないと有料となり、高額な通信料が発生するトラブルが発生しているのだ。

・「アメリカ放題」は超お得
問題視されているのは、2014年9月19日からスタートした「アメリカ放題」。アメリカ国内からの通話やデータ通信が無料になるプランで、日本への国際電話も無料になる事から、多くのアメリカ滞在者や旅行者に喜ばれていた。

sb1

sb2

・通話もデータ通信も有料に
サービス開始記念キャンペーンとして「アメリカ放題」の基本使用料は無料で、申し込みも不要。ソフトバンクの対応ケータイを使用していれば誰でも無料で通話やデータ通信が利用できた。しかし、突如として2016年6月30日にサービスが終了。2016年7月1日から改めて申し込みをしないと一部ユーザーは通話もデータ通信も有料に。

・「アメリカ放題」のいままでとこれから
いままで: アメリカで通話とデータ通信 → 申し込みなし → 無料
これから: アメリカで通話とデータ通信 → 申し込みなし → 有料

・ソフトバンクから高額な請求
これにブチギレ激怒したのが、頻繁に「アメリカ放題」を利用していたソフトバンクユーザーだ。いつものように「アメリカ放題」が適用されていると思い、通話やデータ通信をやり続けたところ、高額な請求をされたのである。以下は、高額請求に関するインターネット上の声である。

・インターネット上の声
「アメリカに行って7月1日だけで16000円の請求(笑)」
「突然パケット代が1万円超えたとか来て驚いた!」
「泣けたのはソフトバンクのアメリカ放題」
「請求がすでに3万近いものとなっており困惑しています」
「7月1日以降のパケット代1万数千円を払わなければならないことになりました」
「こちらの落ち度も少しは認めるが、なんとまぁひどいものか」

・対応に変化が起きるかも!?
ブチギレ激怒しているソフトバンクユーザーたちだが、ソフトバンク側はSMSやホームページなどで告知をしているため、高額請求に対して問い合わせをしても「ご意向にそう回答とならず申し訳ございません」と言われて終わりのようだ。

とはいえ、「もっとわかりやすく告知してよ!!」という利用者たちの声も理解できる。高額請求を受けた人たちの数が増え、インターネット上での声が大きくなれば、ソフトバンク側の対応に変化が起きるかもしれない!?

もっと詳しく読む: ソフトバンク利用者が高額請求で悲鳴(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/07/14/usa-hodai/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧