【大激怒】SMAP解散でファンから吸い上げる養分が0円に「ファンクラブ収益40億円が消失」「ライフライナー消滅」

買って応援させる商法できず


smap-smap-02

SMAP解散で悲しむファンが全国にいるが、いちばんダメージが大きいのはジャニーズ事務所ということを忘れてはならない。SMAPのメンバーは、中居正広、木村拓哉、チョナンカン(草なぎ剛)、稲垣メンバー、香取慎吾の全5人だが、いちばんダメージか大きいのはその5人ではなくジャニーズ事務所である。

・ベッキー不倫18回分の損失額
SMAP解散によるジャニーズ事務所の損失は90億円と言われており、ベッキーの不倫騒動の違約金が5億円であることから、SMAP解散の損失額は「ベッキー不倫18回分の損失額」といわれている。

・40億円が消える
しかし、SMAP解散によって消滅するファンクラブ収入も計算に入れると、その額は何倍にも膨らむ。人気雑誌「週刊新潮」(2016年8月18日発売)によると、ジャニーズ事務所がSMAPファンクラブから得ていた収益は1年間で40億円とのこと。それが完全に0円になるのだ。

smap-kaisan-003

・買って応援させる商法
アイドルにとってファンは養分であり、金ヅルであり、私生活を捨ててでもカネをばらまく熱狂的な信者である。そのライフラインが0になるのだから、ジャニーズ事務所にとってこれ以上痛いダメージはない。

しかしながら、ことあるごとにファンは「買って応援」という行為をしたがるため、本来ならば芸能事務所にとって痛いアイドルトラブルも、ビジネスのひとつになることもあった。

smap-kimutaku8

・買って応援ができなくなる
だが今回ばかりは事情が違う。SMAPが解散し、さらにジャニーズ事務所を退職する可能性が濃厚となっている。ファンはSMAPメンバーが新しく移籍した事務所の商品を買うようになるため、ジャニーズ事務所は「買って応援させる商法」が実質できなくなるのである。芸能関係者は以下のように語っている。

・芸能関係者の声
「ジャニーズ事務所にとってファンはライフラインであり、ライフライナーなんです。ファンは頼んでもいないのにハチミツを無料で運んできてくれる働きバチ。そんな働きバチがいなくなるのですから、ジャニーズ事務所も気が気ではありません。SMAPのおかげで飯が食えていた関係者は大激怒ですよ。でも2016年12月31日まではファンも「解散しないかも!!」という淡い気持ちがあるはずなので、それまでは買って応援させる商法でファンから養分を吸い上げることは可能でしょう」

・悲しい未来しかないのか
ジャニーズ事務所は大きなダメージを受けるが、キムタクと妻の工藤静香は「ジャニーズ事務所の幹部になる」という情報もあるため、キムタク自身は大きなダメージとはいえないだろう。しかし稲垣メンバーは「個性がないので仕事がなくなる」といわれており、行く末が不安である。

もっと詳しく読む: SMAP解散でファンクラブからの収益40億円が消失(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/08/20/smap-kaisan-fan-club/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

芸能ニュースの新着記事一覧