【怒りの声】過労死した女性の同級生 / ツイッターで思いを語る「喪服を初めて着たのはこの子のため」「泣きたい」

書き込みが拡散


overwork

元電通社員の高橋まつりさん(24歳)が自殺した件で、東京都の三田労働基準監督署が「過労死」と認定していた事が、遺族側弁護士の会見により判明した。高橋まつりさんは、最長で月130時間の残業などの労働環境下で勤務していたことが明らかとなっている。

・書き込みが拡散
この件は産経ニュースや日本テレビなど複数のメディアが報じており、大きな注目を集めている。そんななか、高橋まつりさんの同級生と名乗る人物が、インターネット上で思いを吐露し、その書き込みが拡散されている。

・高橋まつりさんの同級生と名乗る人物のコメント
「一晩たっても怒りがおさまらない。年末の空気がよみがえる。学校の友達経由でお知らせが来ました。「社会人だから」と念のため買っておいた喪服を初めて来たのはこの子のためでした。泣きたい」

・朝起きたくない
高橋まつりさんは2015年4月に新卒で入社。時事通信によると同年10月頃から「本気で死んでしまいたい」「朝起きたくない」とツイッターに書き込むようになり、同年12月25日に寮から飛び降りて自殺した。

・死んではダメよ
母親、高橋幸美さんは「仕事も人生もとても辛いです」「今までありがとう」などのメッセージを高橋まつりさんから受け取り、電話で「死んではダメよ」と伝えたところ、「うんうん」と返事をしていたという。

もっと詳しく読む: 過剰な残業で過労死した女性の同級生 / ツイッターで思いを語る(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/10/09/overwork/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧