【ラーメン二郎全店制覇】ラーメン二郎 新橋店 / ラーメン / ニンニクアブラマシマシ / 味玉子 生とじ玉子

Respected RAMEN JIRO


ramen-jiro-shimbashi6

ラーメン / ニンニクアブラマシマシ / 味玉子 生とじ玉子
700円+100円+100円

日本全国の「ラーメン二郎」を食べつくす行為。それはすなわち、ジロリアン(ラーメン二郎マニア)を超越したラーメン二郎の神、いわゆるジロリアンゴッドになる修行。ということで、この「ラーメン二郎全店制覇」シリーズに皆さんもお付き合いいただければ幸いである。

・新橋店の特徴やルール
今回は、「ラーメン二郎 新橋店」(東京都港区西新橋2-33-4)で食べる。

営業中は、ずっと行列ができているのがデフォルト。野外では立ったまま並び、店内では座って並べる親切なシステム。自販機は店内にあり、販売しているドリンクは瓶のコカコーラのみだが、ドリンクの持ち込みが可能である。

トッピングの「マシ」や「マシマシ」が可能で、食べきれるのであればチャレンジしてみるのもアリ。ただし、新橋店はマシマシの盛りにブレが生じることがあるため、驚くほど山盛りのこともあるが、少なめに感じることもある。どちらにしても無料トッピングなので、ご厚意を甘えてありがたく食べよう。

・ラーメン二郎 新橋店 メニュー
ラーメン 700円
ブタ入り 800円
ブタW 900円
大ラーメン 800円
大ブタ入り 900円
大ブタW 1000円
味玉子 100円
生とじ玉子 100円

・ラーメン二郎 新橋店 自販機メニュー
コカコーラ 120円

ramen-jiro-shimbashi1

ramen-jiro-shimbashi10

ramen-jiro-shimbashi11

・シチュエーション
店内は他店舗と比べて若干だが広めで、セルフサービスの水を取りに行く場合もスームズに移動できるのが嬉しい。入り口のドアは開けっ放しなことが多いが、空調がしっかりしており、夏は涼しいなかで、冬は暖かいなかでラーメンを堪能できる。

ラーメンができあがると店員にトッピングを聞かれるので、ヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメ(醤油)など、増やしてほしいトッピングを告げよう。より多く欲しい場合はトッピング名のあと「マシ」や「マシマシ」と言えば良い。全部増やしたいときは「全部」や「全部マシマシ」と言う。

ramen-jiro-shimbashi9

ramen-jiro-shimbashi18

・盛りクオリティ
今回は、ラーメンにニンニクアブラマシマシと「味玉子」と「生とじ玉子」を追加して注文。今回はブタ入りをちゅうもんしていなかったが、ガッツリとチャーシューが盛られていた。なにより衝撃的なのが、豪快な味玉子より巨大な脂の塊である。「ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店」の脂もなかなか凄いが、新橋店も負けてはいない。

野菜はデフォルトで多めに感じた。ニンニクはマシマシにしたが「マシマシマシ」ぐらいあるのではないかと思うほど多くまぶされており、店員の気前の良さがうかがえる。生とじ玉子は、生卵2個にきざみ海苔が入ったもので、別容器に入って出される。丼に入れてもいいし、麺を浸してスキヤキのように食べてもいい。今回は丼に移した。

ramen-jiro-shimbashi8

ramen-jiro-shimbashi7

ramen-jiro-shimbashi5

ramen-jiro-shimbashi6

ramen-jiro-shimbashi3

ramen-jiro-shimbashi4

ramen-jiro-shimbashi12

ramen-jiro-shimbashi2

・総評
味玉子はしっかりとタレが染み込んだもので、内部にまでガッツリと味が浸透してて、特に黄身がホロホロとしててウマイ。できれば、いちばん最初に味玉子を食べるべきだ。なぜなら、あまりにも味玉子の旨味が繊細なため、スープやチャーシューの味付けに負けてしまうのだ。新橋店の場合、味玉子は最初に堪能すべきものである。メインディッシュに対する前菜というわけだ。あまりにも美味すぎて、このあたりから足の震えが止まらなくなる。

麺はクッニュクニュとしながらもそう簡単には切れず、やや強めの弾力を感じるものだった。コシとはまた別の、食べ応えがある麺である。今回だけかもしれないがスープがやや少なめなので、早めに麺を引き出してスープから脱出させる。麺を率先して食べ、野菜は箸休めのごとくつまんでいくのがベスト。なぜなら、新橋店の麺(と茹でスキル)には定評があり、空腹の状態で麺を楽しむべきだから。野菜を殿(しんがり)にしてしまうのは非常にもったいないのである。

もったいないといえば、スープも疎かにするのはもったいない。ラーメン二郎を食べている人の多くが、野菜と麺を先に食べている。スープは二の次。それは非常にもったいない。なぜなら、新橋店のスープはガッツリと乳化していたらラッキー、スープはスープとして序盤に飲んでおくべきハイクオリティスープだからだ。コクが強くあるにもかかわらず、後味がしつこくなく、スッキリとしている。上質なダシがガツンとスープに溶け込んでいるのだ。このスープ、飲め飲むほど興奮し、全身がガクガクと震えてくるウマさ。まさにこれ、現代における武者震いか。もし乳化していないスープだったら? それはそれでオイシイから問題ない。

そこまでラーメン二郎好きを虜にする新橋店だが、脂の塊の存在を忘れてはいけない。さっそく箸でつまんでみたが、脂ゆえ、箸に触れるだけで崩壊していく。それでも頑張ってズズッと脂をすすれば、脳内に脂エネルギーが流れ込んだかの如く、甘~い幸せが訪れる。

美味しすぎて震えが止まらない。どうもありがとうございました。

・採点レビュー(5点満点)
美味: ★★★ / 我忘れて貪れるもの
麺質: ★★★ / クッニュクニュ
出汁: ★★★★ / コクあってウッメェェッ!
肉質: ★★★ / 端ブタ有りッ!ホッロホロ!
脂度: ★★★★★ / アブラアブアブラ
総量: ★★★★ / 喰いごたえあるもの
店員: ★★★ / 緊迫感溢れる者
総評: ★★★ / ミッチリ美味なるもの

もっと詳しく読む: ラーメン二郎 新橋店 / ラーメン / ニンニクアブラマシマシ / 味玉子 生とじ玉子(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2016/10/05/ramen-jiro-shimbashi/

ラーメン二郎 新橋店
住所: 東京都港区西新橋2-33-4
時間: 11:00~22:30 土祝11:00~21:00
休日: 日曜日

東京都港区西新橋2-33-4
Google Mapで開く

Respected @habomaijiro

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧