【最強】映画「デスノート Light up the NEW world」大絶賛 / シリーズ最高傑作と判明「緊張感ヤベェ!」「まさかライトに〇〇がいたとはな!」

DEATH NOTE 2016


death-note-light-up-the-new-world1

デスノートといえば週刊少年ジャンプで連載されていたサスペンス漫画で、過去にもアニメや実写映画が公開され、ハリウッド映画の撮影も進行している大ヒット作品だ。その最新映画「デスノート Light up the NEW world」が2016年10月29日から公開され、初日から大絶賛の声が巻き起こっている。

・完璧に計算された構成
なんと、実際に鑑賞した人たちから「シリーズ過去最高のデキ」とまで言われているのだ。それもそのはず、完璧に計算されて構築されている構成、そして主演の東出昌大の演技、そのすべてにおいて完璧すぎるのである。

death-note-light-up-the-new-world3

先行上映された「TOHOシネマズ新宿」で実際に鑑賞した人は、以下のようにその素晴らしさを語っていた。

・観客の声
「ヤバイですよこれヤバイ! 正直、そんなに期待しないで観たんですが、130分以上ずーーーっと緊張感あふれる展開で夢中で観てしまいました! 冒頭部分から日本映画とは思えない演出で、ダメ押しで最後にとんでもない事実がわかって衝撃的な展開。隣にいた男性は「まさかライトに〇〇がいたとはな!」って言ってましたよ(笑)。いやあ、これ、本当にデスノート映画シリーズのなかで最高傑作です」

death-note-light-up-the-new-world

・違和感なくストーリーが展開
記者も実際に映画館で鑑賞したが、確かに日本映画とは思えない冒頭の演出に驚かされた。しかも違和感なくストーリーが展開し、日本映画にありがちな「中だるみ」が一切なかった。この映画について映画ライターは以下のように語っている。

・映画ライターの声
「日本映画で続編がこんなに面白い展開になったのって、初の出来事だと思います。原作ファンが大切にしているイメージはしっかり守りつつ、一流のサスペンス映画としてもしっかり成立しているシナリオと演出。ぶっちゃけ前作を超えたと思います。でも、さすがにライトに〇〇がいる展開は予想できませんでした(笑)。良い意味でいろいろ裏切ってくれて最高です」

・ガチで絶対に必見の映画
インターネット上やファンの間でも「ライトに〇〇がいた」という話題が注目を集めつつあり、みんなネタバレしないように発言しているため、まだ観ていない人から「生き別れの兄がいるのか!?」「レフトがいるのかも」などの憶測が飛び交っている。

そんな感じで大絶賛の「デスノート Light up the NEW world」。コミックスや前作映画を知らなくてもしっかり楽しめる内容になっているので万人受けするのはもちろんのこと、ディープなファンであればあるほど絶対に必見の映画なのは間違いない。

もっと詳しく読む: 映画デスノート Light up the NEW world大絶賛(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/10/29/death-note-light-up-the-new-world/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

映画の新着記事一覧