【感動】スタートレックのファンが絶賛する「歴史に残るエピソード3選」発表 / 鳥肌が立つ物語

超時空惑星カターン


st3

スタートレックはSFファンならば誰もが知っている世界的SF作品である。テレビドラマや小説はもちろんのこと、映画も上映され、そのほとんどが記録的な大ヒットとなっている。

・すべてテレビシリーズのもの
最近では「スタートレック BEYOND」が上映され、多くの観客が絶賛している。そこで今回、スタートレックのファンが絶賛する「歴史に残るエピソード3選」を発表したいと思う。すべてテレビシリーズのもので、DVD等で視聴することが可能だ。

st2

・スタートレックのファンが絶賛する歴史に残るエピソード3選
1位 新スタートレック / 超時空惑星カターン (125話)
惑星連邦の宇宙艦エンタープライズが、電波を発しながら宇宙空間を漂う無人の人工衛星を発見。不審な電波によってピカード艦長が気を失い、気が付くとそこには別の文明で生きる自分がいた。

この世界ではピカード艦長はケイミンという名で生活しており、どうやってもこの世界から逃れられないことから、「エンタープライズでの生活が夢だった」と思えるほど数十年をこの世界で過ごす。そして最後、あまりにも悲しくて衝撃的な真実が判明するのだった。

簡単にいえば「気を失ったら違う世界で生きていた物語」

2位 スタートレック: ヴォイジャー / 超進化惑星の煌き (132話)
惑星連邦の深宇宙調査船ヴォイジャーは、時間の進み方が違う超高速で自転する惑星の重力に捕らわれてしまう。ヴォイジャーが重力に捕らわれた時点では、惑星の人類は原始的な生活を進めていたものの、時間の進み方が高速なため、ほんの数分でどんどん文明を発達させていく。

その惑星の人類は、夜になるとヴォイジャーが夜空で輝くため、伝説の神としてあがめていた。そしてついに、宇宙工学を進化させ、その惑星の人類がヴォイジャーにやってきたのだが……。

簡単にいえば「時間の進み方が違う人たちと交流する物語」

3位 スタートレック: ヴォイジャー / 700年後の目撃者 (91話)
ヴォイジャーは、アクシデントにより75000光年の遠い宇宙に放り出されてしまい、探査を進めながら地球に帰還する。もちろん悪人ではないし、むしろ宇宙の治安を守る存在。

しかし誤った歴史を信じ込むキリアン星人たちは、「ヴォイジャーは宇宙海賊で侵略者」「ヴォイジャーは民間人を標的にして殺した」「ヴォイジャーの細菌兵器で800万人のキリアンが死んだ」と信じ込んだまま数百年も過ごしてきた。

キリアン星人は「ヴォイジャーの乗務員が大量虐殺をした極悪人」というでっちあげの映像や画像を作り、ありもしない歴史でヴォイジャーを憎んでいるのだ。数百年ぶりに復活した人格を持つホログラム(ヴォイジャー乗務員)が、その歪んだ歴史を正すべくキリアン星人の説得にあたるが、聞く耳を持たないのだった。しかしその後……。

簡単にいえば「捏造された歴史を信じ込んでいる民族の物語」

st9

・スタートレック: ディスカバリーも放送予定
皆さんが知っているエピソードはあっただろうか? どのエピソードもかなり以前のものなので、見たいならばDVDがベストだと思われる。

2017年には最新作「スタートレック: ディスカバリー」がNetflix (ネットフリックス)で配信される予定だ。あなたにとって、スタートレックの最高のエピソードは何だろうか?


もっと詳しく読む: スタートレックでファンが絶賛する歴史に残るエピソード3選(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/10/29/star-trek-episode/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

映画の新着記事一覧