【衝撃】日本人2人に1人がガン発症! 東京23区ガン死亡率1位を記録した墨田区 / 3度ガンになった墨田区民が激白

墨田区民の死亡原因トップはガン


gan11

日本人の2人に1人はガンになるといわれており、東京23区内では、墨田区が特にガン死亡率が高い地域であることが、墨田区役所の公式YouTubeで判明した。

・墨田区民の死亡原因トップはガン
東京23区のガン死亡率ワーストランキングによると、墨田区は23区中、平成23年の男性のガン死亡率ワースト1位、平成25年の女性のガン死亡率ワースト1位を記録している。また、墨田区民の死亡原因のトップがガンだという。

gan3

gan2

gan1

・3度もガンが発症
墨田区役所の公式YouTubeには、3度もガンが発病した墨田区民の女性、佐藤さんが登場。大腸ガン1回、乳ガン2回を発病し、治療したという。彼女は現在「墨田区がん対策推進会議」の委員として、ガンに対する区民の意識を高める活動をしているという。

・ガンにならないほうがおかしい?
日本人2人に1人がガン発病というデータを踏まえて考えれば、ある意味「自分はガンになる」「ガンにならないほうがおかしい」と思うくらい極端に考えても、的外れではないことがわかる。そういう考えのうえで、健康的な生活を心がけることが、がん予防や早期発見につながるのではないだろうか。

gan10

gan7

・ガン検診を受けてみては?
こういうデータを墨田区がしっかりと統計として記録し、問題提起として考える方針を持っていることは、区民として非常に頼もしいことだろう。墨田区が区民を大切に考えていることがわかる一例といえよう。

ちなみに3度ガンを発病した佐藤さんは、墨田区のガン検診を受診して、ガンを見つけることができたという。検診の回数は、何度やっても多すぎるということはない。皆さんも、ガン検診を受けてみてはいかがだろうか。

もっと詳しく読む: 3度ガンになった墨田区民が激白 / 私は大丈夫と思ってた(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/11/15/cancer-sumidaku/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧