【最強グルメ】誰も知らないヤマザキ「ランチパック」の知られざる絶対機密情報10選

知られざる極秘情報


lunch-p2

皆さん、ヤマザキのランチパックはお好きですか? 耳を切り落とした食パンでいろんなな具材を挟んでいる、山崎製パン初の大人気シリーズです。コンビニやスーパーでは必ずといっていいほど販売されていますよね。ランチパックの専門店なんてものもあります。

しかし、ふだん何気なく手に取っているこのパン。実はいろんな秘密が隠されていることにはお気づきでしょうか。ただ美味しいだけじゃない! 今回は、知られざるヤマザキのランチパックの極秘情報を紹介します。

lunch-p1

・ヤマザキ「ランチパック」の知られざる絶対機密情報10選
1. ランチパックは1000種類以上!
1984年の発売開始からトータルすれば、その種類の数はなんと1000以上です! 現在も年間60種類ほど新しい味が発売されており、増え続ける一方だとか。しかし、ランチパックは発売開始当初のデータがほとんど残っていないため、性格な総数は判明していません。この1000という数字も「最低でも1000種類」というレベルの話なので、実際にはもっと多いようです。

2. 発売当初は4種類しかなかった!
ランチパックは33年前の発売当初は4種類のみ。ピーナッツ・小倉・ヨーグルト・青りんごというラインナップでした。現在も残っている味はピーナッツだけですが、2013年にはこの4種を1袋にした復刻版が登場しています。

それにしても、ピーナッツ・小倉・ヨーグルトはわかりますが、青りんごというマイナーな味をチョイスしたのは凄いですね。数あるフルーツテイストの中で、なぜ青りんご……当時流行っていたのでしょうか。

3. ランチパックの耳は再利用されている
ランチパックにはパンの耳がありません。製造過程でこの耳はどうなってしまうのかというと、切り落とされた後にちゃんと再利用されています。その代表的な利用法が「ちょいパクラスク」。パンの耳をラスク化したスナックなのですが、これが意外と美味い!

サクサクとした食感が堪らない上に、スイーツ系から、お酒に合いそうな大人の味まで、いろんな種類の味が発売されているのもポイント。食材を粗末に扱わない点も、何だか地球に優しく感じられますし、いいこと尽くめの一品です。

lunch-p4

4. 実は33年間ずっと売り上げトップ変わらず!
発売開始から現在まで、売り上げのトップは「ピーナッツ」です。33年間一度もその座を譲ったことがないという、不動の1位。しかもシェア率でいえばダントツなんだとか。

ちなみに、2位3位もたまごとツナでほぼ固定されていて、ここ10年は変動がないらしいです。次々と登場する目新しい味が話題になる一方、こうした定番商品がランチパックの人気を支えているようです。

5. ピーナッツだけ焼き印がある
ピーナッツにだけ、パンの表面にピーナッツのイラストの焼き印が押してあるのをご存じですか? これはピーナッツアレルギーの人が焼き印を見て、気付いて食べずに済むようにという配慮なんです。

確かに、袋から出してしまうとランチパックはどれも真っ白で中身の判別がしづらいですよね。ちなみに、この焼き印はパッケージの上からでも見えるのでぜひチェックしてみてください。

6.最も高価だったのは「TOKYO X メンチカツ」
安価で美味しいことが特長のランチパックですが、時に高級な食材を使って贅沢なランチパックを作ることもあります。中でも最も高価だったのが「TOKYO X メンチカツ」。

東京のブランド豚・TOKTO Xを使ったメンチカツとタルタルソースをサンドしたランチパックでした。とはいえ、それでも値段は200円程度。身構えるほどの値段はないのが、ランチパックのいいところですね。

lunch-p3

7.耳つきランチパックが販売されていた!
インターネット上でまことしやかに流れていた噂がこちら。実は「耳つきのランチパックが存在している!」ということ。この噂を聞きつけたお客さんたちから「これは超レア!」「ぜひ食べてみたい!」と、山崎製パンに問い合わせが殺到したそうです。

しかし、このランチパック、完全な不良品でチェック漏れの結果だったとか。もしかしたらもう二度と出会えない幻の品なのかもしれませんね。

8. ご当地ランチパック総選挙が行われていた!
ランチパックには、それぞれの深い地元愛を感じるご当地ランチパックも多数あります。現在は、ほぼ各都道府県全てにご当地品があるのだとか。そして2015年から「日本全国ランチパック選手権」が開催! 日本全国を6つに区分けし、それぞれの代表ランチパックによる人気投票が行われる熱き戦いが執り行われたそうです。

2015年はは、中部地区代表の『松坂牛肉入りコロッケ タルタルソース』が125万個突破で堂々の1位に! 2016年は東日本地区代表の『上州牛肉のすき焼き風』が王者に輝きました。具材の高級感に惹かれているという噂もちらほら。

9. 冷凍すると美味しい!
意外にもいろんなアレンジ方法があるランチパック。中でもオススメなのが、冷凍ランチパック。ホイップやクリームなどスイーツ系のものを凍らせると、まるでアイスのような食感に!

半日ほど入れておくとちょうどいい固まり方になるようです。これからの寒い季節、ポカポカのこたつの中で冷えたランチパックを食べるのもオツなものですよ。

10. ランチパックのキャラクターには名前があった!
すべてのパッケージの右端にひっそりと描かれている男の子と女の子のキャラクター。彼らにはちゃんと名前があるんですよ。

その名も「ランチちゃんとパックくん」。あまりの安直さに驚きを隠せません! そして、なんと彼らは人間ではなく、ランチパックの妖精なんだとか。ランチちゃんは笑顔がチャームポイントで、パックくんの特技は力持ち。これ以上のバックグラウンドが作られていないのも衝撃です! もう少し愛を与えてあげてもいいのでは……。

以上、安くて手軽で美味しい、最強のコンビニパン「ランチパック」の秘密でした。ぜひ今後の食事タイムには、この秘密を思い出しつつ、ランチパックを頬張ってください!

・どう違うのかわからないランチパック
ちなみにランチパックには、「ハム&マヨネーズ」と「マヨネーズ&スライスハム」という、どう違うのかわからないランチパックも存在します。気になる人は探してみてはいかが?

もっと詳しく読む: ヤマザキ「ランチパック」の知られざる秘密10選(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/11/19/lunch-p-oishi/

執筆: 花澤香奈

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧