【カオス】無駄に猫だらけのニューロの広告がヤバイ! カオスすぎるNURO広告ランキングトップ5発表

私は遅いままでいいからほっといて


neko

下り最大2Gbpsの高速回線で世界最速の一般人向けインターネット接続サービス「NURO」(ニューロ)。

すでに導入している人もいるかもしれないが、このニューロ、インターネットの速さより「広告がカオスすぎる(笑)」という部分で話題になることが多い。

・ガッカリ情報をあえて広告に書く
その理由はいくつかあるが、無意味に猫画像を多用している、ネタに走りすぎている、ガッカリ情報をあえて広告に書いておくなど、あまり他社の広告には見られないポイントが「ヤバイ」と言われる理由であろう。そこで今回、NUROの広告で特に「ヤバいもの」「猫すぎるもの」を抜粋し、ランキング形式でお伝えしたいと思う。

・カオスすぎるNURO広告ランキングトップ5
1位「速くなくてイイや」なんて言ってしまったから…
わけのわからない部族の男が謎の粉をまき散らし、自転車に乗った少年を追いかけてきます。まさにカオスです。わけがわかりません。

状況がまったく理解できないカオスな画像ですが、それより、こんな写真素材どこからもってきたんだと、そっちに興味がいってしまいます。

nuro-neko5

2位 私は遅いままでいいからほっといてください
スポンジのネットを頭からかぶった猫は無関係です。関係があるとすれば、「遅くてもいいんだ」という意固地になった人の表情でしょうか。

かわいい猫、シュール、関係性不明、NUROはそこを追求して攻めてきます。騙されないでください(笑)!

nuro-neko2

3位 マンションで6階以上にお住まいの方すみませんが現状維持です
本来なら公式サイトのサービス概要説明ページに小さく書かれている「会社としてあまり知られたくない部分」をあえて広告に載せるという、大胆な発想。

どうせ6階以上の人をガッカリさせるなら「とりあえずおもしろ猫画像でも貼ってガツカリ感をユルめておこう」という魂胆でしょうか。猫の表情が会社の気持ちを代弁していのかどうかは不明です。

nuro-neko4

4位 京都の人には、まだ内緒でお願いします
NUROは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県のみで提供しているサービスのため、京都府では使えません。むしろ使えない地域のほうが多いのですが、あえて京都を名指しにしています。

そもそも、金閣寺の美しい風景を広告に使いたかっただけじゃないかという考えもできますが、謎です。

nuro-neko1

5位 後ろの正面、ニューロ!
もうネタが思い浮かばなくなったんでしょうね。ネタが尽きて発想に衰えを感じますが、二周回って逆に噴き出してしまう破壊力があります。

なんでこんなネタで笑うの? どう考えても適当やん。自分で自分が許せなくなりますが、NUROがそこまで考えてこのネタを採用したのだとしたら、天才としか言いようがありません。

nuro-neko

もっと詳しく読む: 無駄に猫だらけのニューロの広告がヤバイ! クソワロタNURO広告ランキングベスト5発表(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/12/01/nuro-chaos/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧